グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

dressing

コースで魚10種も 東京・恵比寿の隠れ家イタリアン

2019/6/24

ハマグリとメバルの「ズッパ・ディ・ペッシェ」

メインとなる魚料理は、春をことほぐハマグリとメバルが主役の「ズッパ・ディ・ペッシェ」。

イタリア語で「魚のスープ」を意味するこの料理は、ハマグリとメバルからとれたうま味成分豊富なスープを、ソテーした旬のタケノコやホワイトアスパラとともに楽しめる。

調理の最後にはバターを加えて風味付けしているため、香りも豊かで五感が喜ぶ一品だ。

福岡から取り寄せたという旬のハマグリはプリプリと弾力のある食感が魅力。濃厚で甘みも十分で、身が締まってたんぱくな味わいのメバルとは異なる味わいを楽しめるところがうれしい。こんがり焼かれた野菜は、魚介のうまみたっぷりのスープに浸しながらいただくのも一興だ。

デザートの「イチゴパフェ」

デザートは栃木で自然栽培されている「とちおとめ」が主役のイチゴパフェ。

マスカルポーネチーズのムースの上に、イチゴのソース、パイ生地、チョコレートのクッキー、乾燥させたイチゴ、フレッシュな生のイチゴをトッピングして、口の中で異なる食感を同時に楽しめるよう演出している。

また、ワインはもちろん、魚介と相性のよいものを中心にセレクト。白ワインが7割を占め、日本産も豊富にそろえている。「コテコテのイタリアンなじゃなく和食に近い味わいだから」とペアリングには日本酒を取り入れることも多いそう。

確かに、前菜からメインまでバラエティー豊かな魚介を楽しめるとなると、ワインも白中心で、それぞれの魚と相性のよい一杯を確かめたくなる。シェフ同様に客側も、通うほどに魚やワインについての知識に磨きがかかっていきそうだ。

「アミューズからデザートまで、お客さまがゆっくりと楽しめるお店にしていきたいんです」

そう語る清水シェフは店のコンセプトを決めるにあたって、自分が大切としている要素を改めて考えた。

すると、「STAGIONE(スタジオーネ/季節感)」「SERVIZIO(セルビジオ/おもてなし)」「SPECIALE(スペシャーレ/特別)」「SPAZIO(スパッツィオ/空間)」と頭文字がSという共通点があることを発見したという。

その思いを込めて「S(エッセ)」と命名したほど、訪れてくれるお客一人ひとりに、気持ちが豊かになるような特別な時間を提供したいとの思いがとても強い。

19年3月からはお客のラブコールにこたえてランチも開始したが、今後も、同店での特別な時間をランチでもディナーでも楽しみたいという人は増えるに違いない。「エッセ」でのおいしい料理との出合いをきっかけに、魚の魅力にはまる人も増え続けるはず。

<メニュー>

Pranzo(ランチ)パスタランチ3800円 / メイン付ランチ5300円

Cena(ディナー)ショート8640円 / スタンダード1万800円

※価格はすべて税込み

S(エッセ)
住所:東京都渋谷区恵比寿南2-4-19
電話:03-6412-7130
営業時間:11:30~14:30(13:00L.O) 18:00~23:00(21:00L.O)
定休日:水曜、日曜
公式HP:https://www.esse.tokyo/
※上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL