空と地上から撮ったベトナム 美しい風景と人

日経ナショナル ジオグラフィック社

2019/6/23
ハザンを空から。トウモロコシ畑とモン族の女性(PHOTOGRAPHS BY JUSTIN MOTT)

モット氏はこれまで1人で仕事をしてきたが、新しいプロジェクト「As Above So Below」はチームとしての仕事だ。グエン・ハイ・ナム氏がモット氏の指示のもとで、ドローンを使って空から撮影。制作会社の共同経営者となったアンさんも企画に参加している。モット氏は著作権は保護されるべきだという立場だが、今回のプロジェクトでは、ベトナム観光をPRするため、写真を無料で共有できるオンラインギャラリーを立ち上げる予定だ。

「一周して元の場所に戻ったような感じです」とモット氏は言う。「米国人としてここに来て10年がたった今、妻はベトナム人で、友達もベトナム人です。米国人とベトナム人がこのように結びつき、一緒に仕事をしているのです。実に素晴らしい光景だと思います」

ハザンを地上から。自分より背が高いトウモロコシの間を歩くモン族の女性(PHOTOGRAPHS BY JUSTIN MOTT)

ベトナムを旅するヒント

ベトナム旅行は「型にはまった」ものになりがちだと、モット氏は話す。「バックパッカーは決められた道をたどり、一定の範囲内で行動します。ツアーはここに行って、あそこに行って、終わりという感じです。ベトナムでは、もっといろいろなことができるのに」

フーコック島を空から。海岸で瞑想する僧侶(PHOTOGRAPHS BY JUSTIN MOTT)

オートバイに乗り慣れている人なら、オートバイを借りて街の外へ飛び出し、田園地帯を気ままに冒険したらいいと、モット氏は勧める。北部、南部、中部と、ベトナム中のどこに行っても、美しい風景が約束されているという。

通訳や地元のガイドを雇うのもおすすめだ。「ジャーナリストがよくやることで、旅行者は考えたことすらないかもしれません。しかし、決して高価ではありませんし、全く違う視点を持つことができます」

フーコック島を地上から。海岸で朝日に照らされながら瞑想する僧侶(PHOTOGRAPHS BY JUSTIN MOTT)

そして、世界的に有名なベトナム料理に関しては、たとえメニューがすべてベトナム語で書かれていても(特においしい店ではよくあることだが)、おじけづいてはいけないと、モット氏は言う。一度か二度ほど食べ歩きツアーに参加し、自分の好きな食べ物、料理の組み合わせ、注文すべき品数、相場などを学習した上で、堂々と食事に出掛けるとよいだろう。

次ページでも、上空と地上から見たベトナムを写真で紹介する。

ナショジオメルマガ
ナショジオメルマガ