朝の「唇アイロン」 ほうれい線消え、おでこきれいに

日経ヘルス

日経ヘルス

ほうれい線のケアをしてもなかなか薄くならないのは、表情筋の土台である「唇」の筋力の弱さが一因とわかりました。ストローで吸うように唇を「ほ」の形で締めるだけで、顔にアイロンをかけたかのようにほうれい線が薄くなります。

ほうれい線は、頬の皮膚や筋肉を手や美顔器などで持ち上げれば解決すると思っていない?「頬を手で押し上げたりしても、余分な脂肪が上に移動して皮膚がよれるだけ。その形がクセになると、脂肪が頬に集まって重くなり、重力で下がってくる。結果、頬がたるみ、ほうれい線が目立つようになっていく」と、パーソナル・フェイストレーナーの木村祐介さんは話す。

「重力に逆らい、ほうれい線を消すためには、顔の土台である唇の筋肉を鍛えることが不可欠」と木村さんは指摘する。「唇を締めると、凸凹(でこぼこ)した脂肪がアイロンがけをしたかのようになだらかになり、皮膚が骨にフィットしてきれいなハリが出る」(木村さん)。これを「唇アイロン」と木村さんは表現する。

唇アイロンは「表情筋のヨコ使い」によるクセのリセットにも有効だ。唇を締め、常にハリのある状態をキープできるようになれば、「自然とほうれい線もできにくくなる」と木村さんは太鼓判を押す。毎日習慣化すれば、1週間程度で顔が引き締まってくる。まずは朝のスキンケア時に組み入れて日課にしてしまおう。朝に行えばその日1日、表情筋を正しく動かせる。



唇を締め、ほうれい線がなくなるように皮膚を伸ばす。スキンケアのときや通勤中などこまめに行って、顔に“よいクセ”をつけよう。

唇を「ほ」の形にしてぐっと締め、口を縦に伸ばしながら下に引っ張る。目尻と唇を引き合うイメージで、ほうれい線をアイロンをかけたように伸ばそう。

唇を「ほ」の形にしたときに、ほうれい線がなくなっていればOK。まだ目立つならもっと強く唇を締めよう。
 
上下の歯が触れると顔の筋肉や皮膚が横に動くため、逆にほうれい線が目立つ。舌を引き込むことで、ほうれい線が薄くなる。