ライフコラム

ヒットを狙え

合羽橋の料理道具老舗がパリ出店 現地人の心つかむ

日経クロストレンド

2019/7/3

釜浅商店がパリに構えた海外1号店。メード・イン・ジャパンの料理道具を求め、フランス人客が足しげく通う(写真:永末アコ、以下同)
日経クロストレンド

東京・合羽橋(かっぱばし)で創業100年を超す料理道具の老舗、釜浅商店がフランスで存在感を高めている。2018年5月、パリに構えた海外1号店が、開業後1年足らずで売り場を拡大。安売りや宣伝をせずとも、口コミで人が集まるようになった。ゆかりのない欧州の地で、なぜ受け入れられたのか。

■独力で「合羽橋の店をフランスに」

去る平日の午後。雨天にもかかわらず、途切れることなく、客が訪れる。釜浅商店のパリ店「KAMA-ASA Paris」の日常だ。新たな包丁を品定めするため、包丁研ぎを依頼するために、料理人が足しげく通い、ザルやたわしを求めるパリジェンヌの姿も見られた。

ここは、サンジェルマン・デ・プレ。古くから芸術の街として知られ、伝統文化が息づくパリでも高感度な一等地に、釜浅商店はのれんをあげた。4~5人でいっぱいになる小さな店だったが、19年3月、同じ敷地内で一回り大きな店舗へと引っ越した。

ユニクロ、無印良品など、パリで人気を集める大型チェーン店は数あれど、日本でも誰もが知るわけではない社員20人ほどの小さな専門店が、パリで成功を収めるのは珍しい。

欧州への進出を目指す日本企業の多くは、専門業者やコンサルタントを雇い、高額な出展料を払って見本市に参加する。しかし、釜浅商店の場合は違った。蛭田恵実店長は、開店に向けた準備は「すべて自分たちでやった」と胸を張る。

「プロだからできることもあるだろうが、商品を熟知し、お客さまのニーズを肌で学んでいる自分たちだからこそ分かること、できることは多い。メンバーの一人一人が責任を持って進めること、自分たちが発する言葉ですべてを進めていくことで、時間がかかっても、最終的には無駄のない、自分たちにぴったりの結果が生み出された」(蛭田氏)。

飾り気ひとつない、合羽橋店と同じシンプルなショーケースや棚に、ただまっすぐに商品が並んでいる。包丁、鉄打ち出しフライパン、南部鉄器の浅鍋、持ち運びが簡単な七輪、炊いたご飯をおいしく保つ木製の「江戸びつ」、網目が細やかなザル、自然素材のたわし、素材の味を引き出す銅のおろし金、先端が丸まったステンレスのトレー。日本と比べるとほんの一握りだが、どれも伝統に裏打ちされ、考え抜いて作られた実用性の高い逸品をそろえた。

鉄打ち出しフライパンをはじめ、えりすぐりの料理道具をフランスに持ち込んだ

流行などどこ吹く風。どの品も、生み出されたその時代の姿のまま、今に至り、並んでいる。それは音を出すことを使命として作られた楽器たちや、陽光を受けるために葉を広げる植物が、存在として永遠に変わらない美しさを持っているのに似ている気がする。

店の目印は、入り口ののれんだけ。来店客が迷わないようにと設置した看板も、シンプルな木造りだ。「フランスのお店だからこうしようではなく、日本での視点をそのままに、合羽橋の店がパリにある、という感覚を持ち続けている」(蛭田氏)。そんな姿勢が、古きものを大切に使い続けるフランス人の心を打ったのだ。

釜浅商店パリ店の外観。木のぬくもりを感じる看板が目印だ

ライフコラム 新着記事

ALL CHANNEL