「僕はユニクロじゃない」藤原ヒロシ、ブルガリと組むストリート系デザイナー、高級バッグに遊び心

2019/6/13

――ユニクロはあらゆる人の生活に合う服「ライフウエア」をうたっています。

「ユニクロは最高のライフスタイルブランドですが、ファッションブランドではありません。無駄だといわれても洋服にチェーンをつけるし、この時代におかしいだろうといわれても革を着る。それがファッションなんです。僕はユニクロを1回も買ったことがないし、着たこともありません。興味がない。自分の中ではユニクロはもう一生買わないようにしようと決めたんですね。違う理念を持った、違うものだからです」

蛇をモチーフにしたアイコンバッグ「セルペンティ」に遊び心を加えた
エッジが効いたレザーグッズ。このほかにもバンダナといった男性も楽しめる商品をそろえた

■僕らが求めるのはマイノリティーのかっこよさ

――服そのものでなくても、ユニクロの発信の仕方や海外での展開などにも関心は向きませんか。

「そもそも僕は何億枚も売れる物を作りたくはありません。数を売りたくてやるものはファッションではない。ところが売れる物は作りたいのです。ここにジレンマがあります。また、人と同じ格好はしたくないといいながら、あるグループとは同じ格好をしたいわけです。そうしたファッションのジレンマというものをいつも抱えています」

「絶対数をどう見るかがファッション。僕らが求めるのは、マイノリティーのかっこよさといえます。マイノリティーを保つことが難しい。すぐにメジャーになってしまいますから」

「何億枚も売れるような服には興味がないし作りたくもない。共感してくれる人に買ってもらいたい」と話す藤原さん

――ブルガリとのコラボでも爆発的に売れるのは嫌だと。

「ブルガリとのコラボも本当にみんなに買ってもらいたいわけではない。共感して下さる人に買ってもらえて、その人たちが喜んでくれるのが一番うれしいですね」

(聞き手はMen's Fashion編集長 松本和佳)

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019
SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019