残り80頭切ったサイ、マレーシア最後のオスが死亡

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

米フロリダ州のホワイトオーク保護センターにいたオスのスマトラサイのハラパン。このセンターにいたのはごく短い間で、その後、インドネシアのスマトラサイ・サンクチュアリに移された(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

マレーシア最後のオスのスマトラサイ、タムが死んだ。スマトラサイは絶滅寸前であり、マレーシアでは野生の個体はすでに絶滅している。タムの死は、この種にとって深刻な打撃だ。

タムは、2008年にアブラヤシのプランテーションの周りをうろついていたところを目撃・捕獲され、サバ州のタビン野生動物保護区に移された。2011年に保護されたプントゥン、2014年に保護されたイマンという2頭のメスと交配させる計画だったが、それは失敗に終わった。

プントゥンはがんを患い、2017年に安楽死させられたため、マレーシアに残されたスマトラサイはイマンだけになった。何十年にもわたる生息地の減少と密猟により、野生のスマトラサイは世界全体で80頭以下になっていると考えられている。その大半は隣国インドネシアのスマトラ島に生息する。また一部はボルネオ島のインドネシア領(カリマンタン)にも生息している。

スマトラサイの数は非常に少ない。専門家によれば、スマトラサイの存続にとって最大の脅威となっているのは孤立だという。スマトラサイのメスは、長い間交配しないと生殖器官に嚢腫や筋腫ができることがあるためだ(イマンが子供を産めないのはこれが原因だった。プントゥンが妊娠できないのは、密猟者の罠でけがをしたことと、野生環境で流産した影響と考えられている)。

そこで、2018年に米ナショナル ジオグラフィック協会を含む世界の主要な非営利動物保護団体が「スマトラサイ・レスキュー・アライアンス」という前例のない連合体を立ち上げた。その目的は、できるだけ多くの野生のサイを見つけて保護し、一緒に飼育して繁殖させることだ。

WWF(世界自然保護基金)インターナショナルで野生生物保全プロジェクトのリーダーを務めるマーガレット・キネアード氏は、電子メールで次のように述べている。「タムの死から、スマトラサイ・レスキュー・プロジェクトの原動力になっている協力活動がいかに重要であるかがわかります。孤立した残り少ないサイを保護し、繁殖させるために、あらゆる手を尽くすつもりです」

短期間のうちに衰弱

サバ州野生生物局を率いるオーガスティン・トゥーガ氏は、マレーシア紙「ザ・スター」の取材に答え、タムの健康状態は4月末から悪化の一途をたどり、食欲や注意力が低下していったと述べている。尿検査から、腎不全を起こしはじめていることもわかった。他の臓器が機能不全に陥っている可能性もあったという。

短期間で衰弱した原因はまだわかっていないが、単なる老衰だったとも考えられる。トゥーガ氏がシンガポール紙「ストレーツ・タイムズ」に語ったところによれば、タムは30歳を超えていたと見られている。スマトラサイの寿命は35年から40年だ。