グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

話題のこの店この味

天空で味わう松阪牛とマグロ 東京オペラシティの名店

2019/6/12

「よし田」は高級ブランド時計販売のVIPの「迎賓館」として開業した

京王線・初台駅に直結する「東京オペラシティ」。超高層のオフィス棟をはじめ、劇場・ホール・美術館などを擁する劇場都市として、開業以来多くの人たちでにぎわう。このビルの53階に「松阪牛 よし田」はある。天然木材を多用し、「和」の高級感を漂わせる店内に入ると、まず目を引くのが地上200メートルを超える高さからの眺望。東京スカイツリー、六本木ヒルズ、羽田空港といった都心の風景が、圧倒的な迫力で眼下に広がる。

店内はシェフと対面して調理の流れを楽しめる「鉄板席」のほか、眺めのよい窓側席の「VIEW」、屋形船をイメージした「檜」、落ち着いた趣の個室、大人数のパーティーが可能な「GRAND」など、目的や人数に合わせたフロア構成となっている。商談、接待だけでなく、誕生日や結婚記念日といった特別な日のディナーを楽しむ場としてもよく使われるそうだ。

「よし田」は劇場都市「東京オペラシティ」の53階の高層階にある

「実は、このお店は当社のお客様を接待する『迎賓館』として企画したのです」と語るのはYOSHIDAの役員。同社は高級時計ブランドとして有名な「パテックフィリップ」「オーデマ・ピゲ」などの正規販売店として、業界で広く知られている。同社は商談、接待にホテルのレストランを利用してきたが、顧客サービスをさらに高めたいとして、自らレストランを経営する道を選んだとのこと。

メイン食材としてブランド牛の松阪牛を選び、メニュー構成や内装にも工夫を凝らしたという。服部学園理事長・服部栄養専門学校校長の服部幸應さんの監修を受け、2015年11月にオープンした。

ディナーのメニューはコースのみで、鉄板焼きステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶ、会席料理からチョイスする。価格は、それぞれ「紅葉」が2万円(税・サービス料別)、「椿」1万5000円(同)など。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL