繰り下げ強調、その陰に… 年金「新定期便」の読み方

ねんきん定期便は毎年、誕生月にハガキなどで送られてくる
ねんきん定期便は毎年、誕生月にハガキなどで送られてくる

日本年金機構から届く「ねんきん定期便」のデザインが変更された。受給を遅らせると年金額が増えることを示したのが大きな特徴。一方で相変わらず載っていない情報もあり、将来の年金額の全体を知るには不十分だ。記載内容の見方と、それを今後にどう生かすか知っておきたい。

「70歳まで遅らせると金額が42%も増えるんだ」。5月末に届いたねんきん定期便を開いた55歳の女性はつぶやいた。短大卒業後会社に勤めて30代のときに退社し、以後は専業主婦を続けた。定期便に記載された年金の見込み額は年100万円に遠く及ばず「ずいぶん少ない。遅らせるのもありかな……」と話す。

「70歳なら42%増」

ねんきん定期便は厚生年金や国民年金の加入期間や受給額の目安が分かる通知書だ(図A)。毎年、誕生月にハガキなどで送られてくる。その記載内容が4月から一部変わり、追加された部分がある。

繰り下げ受給についての説明だ。年金はもらい始める年齢を通常の65歳より遅らせる(繰り下げる)と毎年の年金額が増える。新しい定期便は、70歳まで遅らせた場合に最大42%増額されることを図を用いて説明している(写真)。

受給開始を遅らせた場合のイメージ図が「ねんきん定期便」に加わった

繰り下げを選択するとしばらくは無年金となるが、働いて収入を稼ぐなどしてしのげればその後、増額の恩恵を受けられる。シニア就労時代にマッチするとして政府は、繰り下げ可能な上限年齢を70歳超へ引き上げることを検討中だ。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし