ESG投資は「親友選び」 プロも重視(平山賢一)東京海上アセットマネジメント執行役員運用本部長

具体的投資手法は様々

ESG投資の具体的な投資手法としては、伝統的に「ネガティブ・スクリーニング」があります。これは倫理観に基づき投資すべきでないと考えたセクターを除外するものであり、武器・ギャンブルなどを主軸とする企業への投資を回避する運用手法です。運用額が最も多いとされる手法でもあります。

一方、ESGの観点から同業種の中で評価されるべきと考える企業に投資する手法は「ポジティブ・スクリーニング」と呼ばれます。さらに人々の生活の質向上や環境問題解決に貢献することを意識した「インパクト投資」など、同じESG投資にも多くの種類があり、必ずしも統一された基準があるわけではありません。

注意が必要なのは、日本で長年、社会責任投資を実践してきた老舗のファンドは、環境、社会などの価値基準から企業の姿勢を積極的に問うてきたのに対し、近年のトレンドは、既存の企業評価に加えて、環境、社会、ガバナンスの視点を統合していることを強調している点です。この運用姿勢を「ESGインテグレーション」と呼びますが、既存のプロセスの中に非財務情報を組み込むことになるため、格段にESGを意識した運用スタイルが増加している背景になっているわけです。

「親友」を選ぶためには…

特に日本の機関投資家において取り入れられているESGインテグレーションでは、長期にわたり、企業に対する投資でリスクを抑制しつつリターン(投資成果)を高めようとすれば、当然ながら不祥事や社会的批判を浴びるような企業行動を回避しなければならない、という考えが背景にあります。投資先企業の株式や社債を長期間保有するのであれば、このような企業の不手際が生じる可能性は低いに越したことはありません。

短期目線であれば、限られた期間に企業のマイナス面が出なければよいだけのことですが、長期目線になれば、企業そのもののカルチャーや姿勢の健全性が、状況に応じて発現されることになるでしょう。これは、その場限りではない、長く付き合える親友を選ぶようなものと考えてよいでしょう。

企業の特性を判断するためには、数値で表現できる最近の財務情報だけではなく、数値では表現しきれない環境に対する取り組みや、社会性の確認、さらに企業の執行・監督体制が健全であるか否かといった非財務情報も見ていく必要があるわけです。売買を繰り返して短期的な売買利益を積み増していくのではなく、いったん購入したら相当期間にわたり、株式や社債を保有できる企業、すなわち「真の友」と言えるか否かが問われています。個人投資家にとっても、長期保有できる株式等を選ぶ基準としてESGの観点から非財務情報を採用する動きに注目したいところです。

プロのポートフォリオは運用に精通したプロが独自の視点で個人投資家に語りかけるコラムで、原則火曜日掲載です。
平山賢一
東京海上アセットマネジメント執行役員運用本部長。1966年生まれ。横浜市立大学商学部卒業、埼玉大学大学院人文社会科学研究科博士後期課程修了、博士(経済学)。東洋大学経済学部非常勤講師。30年にわたり内外株式や債券をアセットマネジメント会社で運用する。著書に「戦前・戦時期の金融市場」「振り子の金融史観」などがある。
「日経ライフ&マネーFesta 2019」開催!
投資初心者から上級者まで、人生100年時代に必要なお金の知識が1日で学べる「日本最大級のお金のイベント」を今年も開催します(主催:日経BP)。開催は6月29日(土)、会場は東京・六本木の東京ミッドタウンホールで、入場は無料です。大江英樹さん、横山光昭さん、積立王子こと中野晴啓さんなどマネー研究所の人気連載陣に加え、今年は金融庁の遠藤俊英長官、優待投資家の桐谷広人さんにもご講演いただきます。年金制度の変更点や保険見直しに関する講演、日経マネー編集部員の億万投資家講座なども計画中です。詳細と事前登録は公式サイトまで。