WOMAN SMART

マネー

飛行機での旅行・帰省… 株主優待割引でよりお得に 知って得するお金のギモン

日経ウーマン

2019/6/13

株主優待割引は早期割引よりもお得な場合が(写真はイメージ=PIXTA)
日経ウーマン

先日、急な用事で北海道・十勝の実家に帰省しました。姉から「明日朝イチ便に乗るように」と指令が出て、航空券を調べたら、前日だと早期割引(早割)チケットがなく、定価のチケットしか残っていない! 行きだけで、夫婦2人分、約8万2000円はお財布に厳しいです。

そこで思いついたのが「株主優待割引」の利用。その結果、1人約1万3000円、夫婦で片道約2万6000円も安く航空券をゲットできました。

「さすが深田さん、航空会社の株主なんですね!」と言われてしまうかもしれませんが、いえいえ、株は持っていないのです。日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)の株主ではなくても、このワザを使えますよ。

イラスト/いいあい

「株主優待割引」とは、航空会社の株主優待券を利用した割引のことで、正規運賃の50%引きとなります。実際の株主ではなくても、金券ショップで株主優待券を購入すればいいのです。

つまり「50%割引の航空券代」+「株主優待券の購入金額」が航空券の入手コストです。

ここで「株主優待券っていくらで買える?」という疑問を持つはず。優待券は「相場もの」で、時期によって価格は変動します。旅行のハイシーズンは需要が増え価格は高めになり、有効期限が残り少なくなってくると価格は下がる傾向にあります。

北海道に実家があり、お正月の帰省時は早割チケットがなかったり、あってもすぐに売り切れていたりすることも。少しでも安くするため、以前からこの方法は活用していました。

いつもは金券ショップをいくつか見て、一番安い株主優待券を買っていたのですが、先日の急な帰省では外出する暇もない。そこで利用したのが、大手金券ショップの航空券予約サイト。株主優待券の価格込みで、株主優待割引の航空チケットが予約できる! これは便利です。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
吉種怜 遠回りキャリアこその太い軸、迷ったらGO
日経DUAL
帰宅時や店内で…7つのイヤイヤ悩み 現実解は?
日経ARIA
「黒字企業で評価A」のあなたも早期退職の対象にな
日経doors
ハヤカワ五味が実感する読書 「筋トレと似ている」
ALL CHANNEL