医療費や保育料の負担が変わる 住民税の意外な仕組み住民税の基本(中)

夕食を終えた筧家のリビング。幸子はパソコンを開いて、マネーセミナーの資料づくりを始めました。テーマは「意外と知らない住民税の仕組み」。恵は興味津々といった様子で、幸子のパソコンをのぞき込んでいます。お茶を飲んでいた良男が2人に話しかけてきました。

筧(かけい)家の家族構成
筧幸子(48)良男の妻。ファイナンシャルプランナーの資格を持つ。
筧良男(52)機械メーカー勤務。家計や資産運用は基本的に妻任せ。
筧恵(25)娘。旅行会社に勤める社会人3年目。
筧満(15)息子。投資を勉強しながらジュニアNISAで運用中。

筧良男 所得税は年末調整や確定申告のときに意識するけど、住民税はなじみが薄いな。

筧幸子 自分がどのくらい住民税を払っているのか知っておくのは大事よ。住民税額によって社会保障や福祉サービスをどのくらい受けられるか、自己負担額がいくらになるのか、違ってくることが結構あるのよ。

筧恵 あ、確かに。例えば保育所の保育料とかね。会社の先輩のワーキングママによると、ママ友との会話の中で保育料の話が出てきて、そのママ友が払っている保育料を聞いて、相手の家の方が高収入だと分かったと言ってたわ。

幸子 この前、住民税には「所得割」と「均等割」があると話したけど、保育料は住民税の所得割で決まるのよ。例えば、東京都世田谷区で1歳児を預ける場合、所得割が10万円の世帯は2万3000円、20万円の世帯は2万9700円よ。

良男 来年春から大学などの授業料や入学金を減免してもらえる高等教育無償化が始まるそうだけど、対象は基本的に住民税非課税世帯の子だそうだね。

幸子 私が会社員向けのマネーセミナーで講師をするときは、離れて暮らす老親の収入を把握するようアドバイスするわね。住民税額によって払う医療費や将来受けるかもしれない介護サービスの自己負担額が変わることがあるのよ。