医療費や保育料の負担が変わる 住民税の意外な仕組み住民税の基本(中)

 どういうこと?

幸子 病院で治療を受けたときに窓口で払う自己負担額は70歳以上の場合、基本は1~2割なんだけど、「現役並み所得」がある人だけ3割なの。国民健康保険の加入者や、75歳以上が入る後期高齢者医療制度の加入者は、住民税の課税所得が145万円以上だと現役並みと見なされるのよ。

 課税所得が145万円というと、年収でいえばどのぐらいなのかしら。

幸子 課税所得というのは収入から基礎控除や社会保険料控除などを引いたものなので、収入にすると約386万円ぐらいといわれているわね。

 じゃあ住民税が非課税になるのは……。

幸子 65歳以上のひとり暮らしの年金受給者の場合、年金収入が155万円以下なら住民税が非課税になるわね。払った医療費が高額になったとき、自己負担額が一定限度までで済む「高額療養費制度」や介護保険の「高額介護サービス費」には所得区分があって、課税所得によって自己負担額が変わるの。親が住民税を払っているかどうか確認しておきたいわ。

 ふるさと納税をすると住民税や所得税が軽減されるのよね? それならふるさと納税をすれば医療や介護の自己負担額を減らせるんじゃない?

幸子 残念。それは間違いよ。医療費や介護費の所得区分はふるさと納税分を控除する前の課税所得を基に決まるの。