ああ、愛しきクロノグラフ腕時計 基礎講座 (2)

2019/6/7

身近でありながら奥深い腕時計の世界。耳なれない専門用語も多く、つい及び腰になってしまう人もいるかもしれません。けれどもう心配ご無用。NIKKEI STYLE の新米記者とベテラン編集長の凸凹コンビが基礎の「キ」からご案内します。

【第1回】機械式かクオーツか、それが問題だ
【第3回】たかがカレンダー、されどカレンダー

……ほう。

ほ、ほうって君、このすごさがわかんないのか。

はい、まったく。クロノグラフって、そもそも何がいいんですか?

何がって、この小さな世界にストップウオッチがついてるんだ ぞ。すばらしいじゃないか!くーっ、男のロマン! たくさんの針が連動して動いて秒、分、時を計測できるなんて、まさに夢のような機能!

中でもこのエル・プリメロは、アニメ「ルパン3世」第1シーズン第1話のカーレースのシーンで、次元大介が着用していたことでも知られる名機じゃ!

1969年に世界初の専用設計の自動巻きクロノグラフとして発表されて以来、基本設計を変えることなく作り続けられている生きる伝説なんだ!だ!だ!

積算計
クロノグラフ(ストップウオッチ機能)で計測した経過時間を表示する文字盤(ダイヤル)上に設けられた小型文字盤(サブダイヤル)。一般的には経過分数を表示する「30分積算計」と経過時間数を表示する「12時間積算計」が配置されている。

フライバッククロノグラフ
リセットボタンを押すとクロノグラフ秒針(計測針)が「飛ぶように」ゼロに戻り再びスタートするフライバック機構を搭載したクロノグラフ。

スプリットセコンドクロノグラフ
2つのクロノグラフ秒針(計測針)を同軸に備え、複数の経過時間を計測できるクロノグラフ。

1/100クロノグラフ
1/100秒単位で経過時間を計測できるクロノグラフ。ゼニスは2017年に発表した機械式腕時計「 デファイ エル・プリメロ21」で量産化した。

片平編集長

某新聞社の機械式時計大好きな編集長。機械式時計の話をし出すと興奮する。

本橋さん

新米時計担当編集者。ときに女性らしい目線でするどい質問をする。

監修:安藤夏樹(プレコグ・スタヂオ)

【第1回】機械式かクオーツか、それが問題だ
【第3回】たかがカレンダー、されどカレンダー

「時計」記事一覧

Watch Special 2019

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2019」ではSIHHやバーゼルワールドといった国際時計見本市で発表された新作腕時計レポートに加え、今年のトレンドやビジネスマンに向けた腕時計の基礎講座など幅広いコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2019はこちら

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019