梅雨のアレルギー 浴室と寝室のカビ、どっちが怖い?

日経Gooday

正解は、(2)リビングや寝室にいる「ホコリのカビ」 です。

カビのすみかは浴室や台所だけではない

カビはお風呂場などのジメジメとした湿度の高い場所に生える、と誰もが思うでしょう。しかし、実はリビングや寝室のようなごく普通の居住空間にも、たくさんのカビがすんでいます。カビによるアレルギーに詳しい国立病院機構相模原病院臨床研究センター・センター長の谷口正実さんによると、一口にカビといっても性質はさまざまで、屋内のカビの場合、水回りのカビとホコリのカビ、この2系列に大きく分けられるそうです。

「浴室やトイレ、台所にいる“水回りのカビ”と、リビングや寝室にいる“ホコリのカビ”の性質は全く違います。水回りのカビは湿気が大好きで、湿度90%くらいの環境に生えます。それに対し、比較的湿気がなくても生きていけるのがホコリに潜むカビで、ホコリと一緒に空気中を漂っています」(谷口さん)。

水回りのカビが原因で起きる病気には、喘息や副鼻腔炎などのアレルギー疾患や、夏型過敏性肺炎などがあります。夏型過敏性肺炎は、古い木造家屋の腐った木や浴室、トイレなどに発生する、トリコスポロンという真菌を吸い込むことで引き起こされる肺炎。実際の患者数は数千~2万人以下とみられており、頻度としては非常に少ないものです。

むしろ怖いのは、ホコリのカビの1つ、アスペルギルス・フミガタス(以下、フミガタス)が引き起こす、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症だと谷口さんは言います。

「われわれは、浴室で24時間過ごすことはなく、むしろリビングや寝室のホコリを吸う機会のほうがずっと多いはず。梅雨時に湿度が高くなるとホコリも湿気を含むようになり、カビの格好のすみかとなります。しかも、そこに有害なフミガタスが潜んでいれば、病気のもとになることがあります」(谷口さん)

フミガタスを吸い込むと、アレルギー反応を起こし、気管支炎や肺炎を引き起こすことがあります。これが、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(以下、アスペルギルス症)で 、治療が遅れると、肺の組織が破壊され、呼吸不全を招きかねない、怖い病気です。国内に20万人もの患者がいると推測されます。

アスペルギルス症が怖いのは、専門医でも見逃すことが多い点です。症状が出てから診断がつくまで7~8年かかることもあるそうです。アスペルギルス症は咳(せき)や痰(たん)などのありふれた症状が多く、風邪や気管支炎、通常の喘息と紛らわしいので、この季節には十分に注意しましょう。

(日経Gooday編集部)

[日経Gooday2019年6月3日付記事を再構成]