コロンビア、「自転車天国」が生み出す穏やかな午後

日経ナショナル ジオグラフィック社

2人のための自転車(PHOTOGRAPH BY JUAN CRISTİBAL COBO, NATIONAL GEOGRAPHIC)
シクロビアは都市の概念を変えたと言うこともできる。ニュージーランドからヨーロッパ、中国まで、世界中の市長や都市計画者がシクロビアを導入し、さらに、日曜日を心待ちにしている人々の考え方も変わった(PHOTOGRAPH BY JUAN CRISTİBAL COBO, NATIONAL GEOGRAPHIC)
PHOTOGRAPH BY JUAN CRISTİBAL COBO, NATIONAL GEOGRAPHIC
シクロビアはパフォーマーや活動家のための空間でもある(PHOTOGRAPH BY JUAN CRISTİBAL COBO, NATIONAL GEOGRAPHIC)
道路だけでなくハーフパイプも自転車のものだ(PHOTOGRAPH BY JUAN CRISTİBAL COBO, NATIONAL GEOGRAPHIC)
PHOTOGRAPH BY JUAN CRISTİBAL COBO, NATIONAL GEOGRAPHIC
PHOTOGRAPH BY JUAN CRISTİBAL COBO, NATIONAL GEOGRAPHIC
タイヤがパンクしても大丈夫。あちこちで修理士が待機している(PHOTOGRAPH BY JUAN CRISTİBAL COBO, NATIONAL GEOGRAPHIC)
PHOTOGRAPH BY JUAN CRISTİBAL COBO, NATIONAL GEOGRAPHIC
大統領府カーサ・デ・ナリーニョの前を自転車で通り過ぎる少年(PHOTOGRAPH BY JUAN CRISTİBAL COBO, NATIONAL GEOGRAPHIC)
自転車に開放された道路と交通渋滞の道路。木曜日夜のシクロビアで撮影(PHOTOGRAPH BY JUAN CRISTİBAL COBO, NATIONAL GEOGRAPHIC)

(文 ALMA GUILLERMOPRIETO、写真 JUAN CRISTİBAL COBO、訳 米井香織、日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック 2019年4月30日付記事を再構成]