WOMAN SMART

ライフスタイル

木村佳乃さん 映画づくり、いつの日か挑戦したい

2019/6/7

長くても30分前後、短ければ1分ほどの「ショートフィルム」を上映する国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」。日本で開かれるシネマの祭典で2019年、新しい試みがスタートしました。女性の監督・プロデューサーらの作品を特集し、応援しようという「Ladies for Cinema Project」です。プロジェクト・プレゼンターとして上映作品の選定、情報発信を担う女優の木村佳乃さんは「多くの方に作品を見ていただけたら。そして、映画界でもっと多くの女性が活躍できるようになれば」と目を輝かせます。

■文化は違っても同じ悩み抱えることも

女性映画クリエーターを応援する「Ladies for Cinema Project」のプロジェクト・プレゼンターに

映画祭のオープニングセレモニーで舞台に登壇した木村さんは、笑みを浮かべながら「たくさんの作品を拝見し、多くの発見がありました」と切り出しました。国籍が異なる、宗教が違う。様々な背景を持つ女性たちが作り上げた作品群を鑑賞し、全く知らなかった問題に気づかされたと話します。と同時に、文化は違っても「同じ悩みを抱えていて、共感できることもありました」。本当に勉強になったと続けました。

インタビューでも、プレゼンターとしての意気込みが現れます。英国で生まれ、多感な時期に米ニューヨークで過ごした経験から「文化や習慣が異なると、理解するまでに時間がかかることがあります」と実感するそうです。だからこそ、映画を通して観客、とりわけ女性が「様々な悩みや問題を知ることはすてきだと思います」。新プロジェクトで上映するのは6作品です。「ショートフィルムはちょうど良い長さ。エピソードもそれほど多くなく、シンプルで見やすいですよ」と魅力を伝えます。

「映画界でもっともっと女性が活躍できるはず」

さらに、映画界で女性のクリエーターがもっと登場してほしい、と願います。「俳優という仕事は昔から男女平等です。母親役など女性が必要とされる枠が必ずありますから。ところが、クリエーターは圧倒的に男性です。私のデビュー当時は本当に少なかったですね。今はかなり増えてきましたが、まだまだ。もっともっと活躍できるはずです」。立ちはだかる壁とは何か、どのように対応すればいいのかなど、考えなければならない課題は残っています。「女性の社会進出そのものが難しい国もあります。けれど、日本はそうではありません」。だからこそ、このプロジェクトを一緒に盛り上げ、ずっと応援していきたいと力を込めました。

■「好奇心を持ち、挑戦することが大切」

女優として20年以上第一線で活躍してきた木村さん。映画、テレビ、舞台と輝きを放ち続けています。最近はシリアスな役はもちろん、バラエティー番組では体を張って笑いを取ることも見かけます。なぜそこまで? 「やりたいと思い、挑戦しているだけです。自分を止められるのは自分だけ。成長を諦めるかどうかは、自分で決めることです」。このぐらいでいいと上限を、できる範囲を決めてしまうと、そこから飛び出せなくなると強調します。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
転職願望あり過ぎ問題、本当に今動く? 最適な時期
日経ARIA
“ホルモン”のナヲ 閉経後の女性ホルモンは男性以下
日経DUAL
「一生働くキャリア」はこう作る!共働き親の時間術
日経doors
中田敦彦 成功者をまねてみると「自分軸」が見つか
ALL CHANNEL