ファッションは性差を超える 展覧会で見る歴史と今

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

米ボストン美術館で開催中の「異性装」展は、ファッション界で性差流動性を受け入れつつあることを象徴している。写真は、ハイヒールを履いて展覧会を訪れた人(PHOTOGRAPH BY DINA LITOVSKY)

女の子が産まれたらピンク、男の子なら青いおくるみを巻くというように、誕生したときから性別のメッセージは植えつけられているかもしれない。そして、女の子はスカートを、男の子はズボンをはかせられる。

だが、この性差が流動する時代、変化が起きている。男か女かの二元論が崩れれば、ファッションもそれに続く。今に限ったことではなく、同じような現象は過去にも時折見られた。紀元前1507年から1458年に、古代エジプトを治めたハトシェプスト女王は、男のファラオの服を着て、偽のひげをつけていた。

LGBTQIA+(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィア、インターセックス、アセクシャリティ、その他)の権利が叫ばれ、ソーシャルメディアの及ぼす影響が増している昨今でも、ジェンダーとファッションというテーマは分かちがたく結び付いている。

2019年3月21日から8月25日まで、米マサチューセッツ州のボストン美術館で開催されている「Gender Bending Fashion(異性装)」展は、そのファッションとジェンダーの関係を模索する。大規模な美術館がこのテーマを取り上げるのは初めてのことだ。美術館のテキスタイル・ファッションアート部門に所属し、展覧会のキュレーターを務めたミシェル・フィナモア氏に話を聞いた。展示会の写真も紹介する。

「男性服と女性服を隔てる強固な壁に挑戦し続けたオートクチュールと既製服の100年」を見学する客(PHOTOGRAPH BY DINA LITOVSKY)

――これまで性別によって区分されてきた衣服の境界線が、不明瞭になってきています。ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、米大手ディスカウント小売りチェーンのターゲットは、店内の表示板から性別の表記を削除したそうです。異性の友だちは、互いのクローゼットのなかを覗いて、自分に着られそうなものを品定めしているとか。この展示に至った社会的精神についてお話しください。

最初は、現代のメンズウエアに起こっていることを調べていたのですが、革命的なことが広範囲に起きているのに気づきました。デザイナーは、時代の変化に敏感です。ストリートで起こっていることや、ミレニアル世代(1980年代前半から1990年代半ばに生まれた世代)からジェネレーションZ(1990年代後半以降に生まれた世代)にまで、すぐに反応します。服を通じたジェンダーの表現法を変える新しいエネルギーに反応し、特定のジェンダーにあてはめられることを拒む考え方に反応しているのです。これは、1920年代、60年代、70年代にも、反抗期の若者たちに見られたことですが、それが今現在も起こっています。

展覧会では、マレーネ・ディートリヒ、デビッド・ボウイ、ジミー・ヘンドリクス、ヤング・サグなど、ファッションの現状に挑戦し、流行を作り出してきた人々が紹介されている(PHOTOGRAPH BY DINA LITOVSKY)

――英語には「ズボンをはくのは誰か(ズボンをはく者が家庭内で権威を持つ)」という決まり文句があります。

過去にも、何度か女性がズボンをはこうとして失敗した時代がありました。1851年、女性の権利運動家であるアメリア・ブルーマーは、合理的な女性服を提案しましたが、あまり普及しませんでした。彼女の推奨した女性用ズボンは、トルコの民族衣装にヒントを得たもので、彼女の名にちなんで「ブルマー」と名付けられました。やがて、女性が自転車に乗ったり、テニスやゴルフを楽しむようになり、それに合わせた服を着るようになると、ズボンへの抵抗も少なくなります。南北戦争の従軍医師メアリー・エドワーズ・ウォーカーは、「不適切な服」を着たとして8回も逮捕されましたが、それでもズボンをはき続けました。1993年に、ズボン姿で議会に現れたキャロル・モーズリー・ブラウン元米上院議員(とバーバラ・ミカルスキー議員)は、「ドアを入るまで、本に書かれていない規則があるとは思いもしませんでした」と、後に語っています。こうした歴史を経て、ヒラリー・クリントン氏の白いパンツスーツ姿は政治的なシンボルになるまでになったのです。

――本に書かれていない規則は、長いこと存在していましたね。1968年に、ニューヨークの資産家ナン・ケンプナーがフレンチレストランにズボン姿で入ろうとして店側に止められた話は有名です。彼女は、ズボンを脱いでロングジャケットをミニドレスに見立てたところ、入店を許されました。1980年代初期に、私がナショナル ジオグラフィックで働き始めたころも、スカートとストッキングが必須でした。

私もつい最近、ある女性に言われました。「1990年代にウォール街で働いていたのですが、女性はドレスとスカート以外許されていませんでした」。いまだに、自分の法廷で女性弁護士にズボンの着用を禁じる裁判官もいますよ。

ナショジオメルマガ