スマホでデビットカード決済 キャッシュレス新顔続々

野村総合研究所は日本のキャッシュレス決済について、デビットカードの利用が伸びると予測する
野村総合研究所は日本のキャッシュレス決済について、デビットカードの利用が伸びると予測する

キャッシュレス決済市場が拡大している。政府は2025年までに、キャッシュレス決済比率を4割に高めたい考えだ。中でも、支払いと同時に銀行口座からお金が引き落とされるデビットカード決済の成長が期待されている。デビットカードとスマートフォン(スマホ)のアプリが融合し始めた。

日本のキャッシュレス決済比率は足元では約2割と、先進国の中でも低い。しかし消費増税や20年の東京五輪などを控え、今後成長が見込まれる。野村総合研究所は、クレジットカードとプリペイドカード、電子マネー、デビットカードの利用額の合計が24年までに122兆円を超えると予測する。特に、デビットカードの利用が伸びるという。

その理由について、野村総合研究所上級コンサルタントの田中大輔氏は「スマホ決済サービスの開始も一因」と分析する。

秋には「バンクペイ」

実際、相次いでスマホデビットが登場している。18年3月にみずほ銀行が「みずほWallet」を開始。19年にはじぶん銀行が「じぶん銀行スマホデビット」、ゆうちょ銀行が「ゆうちょPay」を始めた。支払時にそれぞれの預貯金口座から即時に代金が引き落とされる。

りそな銀行と埼玉りそな銀行の「りそなウォレットアプリ」は即時払いに加え、前払いや後払いでの支払いも選べる。秋以降には数多くの金融機関が参加する「Bank Pay」(バンクペイ)が始まる予定。ひとつのアプリに最大8つの金融機関を登録でき、引き落としに使える。

デビットカードには金融機関のキャッシュカードをそのまま支払いに使える「Jデビット」と、JCBなど国際ブランドの加盟店で使える「ブランドデビット」の2種類がある。スマホデビットは、これらのカードがスマホのアプリで使えると考えればいい。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし