MONO TRENDY

webCG

もはや「C」を超えたクラス感 ベンツ新型「CLA」

2019/6/16

2019年末以降に日本で販売が開始される新型メルセデス・ベンツCLA(写真:メルセデス・ベンツ日本、以下同)


2013年のデビュー以来、コンパクトな4ドアモデルとして人気を集めてきたメルセデス・ベンツの「CLAクーペ」。2代目となる新型は、基幹車種「Cクラス」の存在をおびやかすほどの完成度を見せてくれた。

■クラスレスなところが人気

新型メルセデス・ベンツCLAのプレス向け国際試乗会はドイツ・ミュンヘン空港を起点に開催された。ミュンヘンといえば最大のライバルであるBMWの本拠地であり、また近くのインゴルシュタットにはアウディも居て、空港には体験型施設のアウディフォーラムもある。

そんな敵陣真っただ中でイベントが開催されたのは、もちろんライバルたちを挑発するためだろう。2013年にデビューした初代CLAは、メルセデス・ベンツの中でもユーザー年齢層が若く、またライバルからの乗り換えの割合も際立って高かったという。しかもBMWは、次期型「2シリーズ」にはCLAの対抗馬となる「グランクーペ」を追加すると公言しているものの現時点では用意はなく、アウディもまた同様の状況だ。

要するに敵は丸腰で、攻めてくることができないでいるのを分かっていて、ここを舞台に選んだのである。戦いは熾烈(しれつ)というほかない。

「メルセデス・ベンツAクラス」をベースとする「CLAクーペ」。その2代目は、初代誕生から6年を経た2019年1月にデビューした

メルセデス・ベンツ日本に聞くと、ヒットの理由のひとつにはクラスレスな存在感があるという。4ドアクーペという遊び心が強くアピールされたパッケージングが、C/E/Sというヒエラルキーの外にあるクルマと見せるらしい。例えばずいぶん成長したCクラスと比較して、扱いやすいサイズを理由にこちらを選んだ、なんて人は実はほとんど居ないのだそうだ。

■もはやCクラスを超えた!?

それは日本だけの話ではないのだろう。新型CLAは人気の一番の要因に違いないスタイリングを刷新し、それを理由にサイズアップも図っている。全長は4688mm、全幅は1830mmと、いずれもCクラスを上回るほどに大きくされ、それによってノーズ前端を下げ、フェンダーを拡幅し、ワイド&ロー感を強調しているのだ。実際に一番、横に張り出しているのはリアフェンダーである。

ロー&ワイドなイメージが強調されたリアビュー。テールランプをはじめ、上級モデル「CLS」を思わせるデザイン処理が見て取れる

その上で煩雑だったキャラクターラインを整理し、シンプルにまとめたスタイリングは従来よりも格段に美しく仕上がっている。こうなると、いよいよCクラスとどっちが上なのか下なのか分からない。

インテリアは、同じプラットフォームを使う「Aクラス」と基本的に同じ構成とされる。横長大画面のワイドスクリーンコックピットを用い、柔らかな曲面で構成されたダッシュボードには、照明まで入れ込まれたタービン形状のエアダクトがずらりと並ぶ。64色から選択できるイルミネーションの色合いにもよるが、相当に妖しい雰囲気を醸し出すこともできる。

コックピットは、ワイドスクリーンを2枚横並びにした計器盤が特徴。基本的なつくりは新型「Aクラス」のものが踏襲されている

操作系にはもちろん最新のMBUXを採用する。「ハイ、メルセデス」と声を掛けるだけで起動する音声認識機能はさらにアップデートされて、複雑な文節の理解力が高められたというが、こちらは当面はアメリカ向けのみとなるようだ。

サイズアップはデザインだけでなく室内の広さにも貢献していて、特に横方向の余裕が増している。また後席は、着座姿勢も少し変わったのか男性でも頭がつっかえることがなくなったから、数時間のドライブにも十分対応してくれそうだ。荷室容量は10リッター減となったが、それでも460リッターを確保。開口部が左右に広げられ、使い勝手は向上している。

■これぞメルセデスの走り

走りについては、幅広いボディーサイズに合わせてトレッドを拡大するべくハブキャリアやタイロッドなどが専用品とされ、アンチロールバーが大径化されるなどして、Aクラスなどよりもスポーティーに仕立てたとうたわれている。また、Aクラスではエンジンやタイヤサイズによってトーションビームとマルチリンクを使い分けているリアサスペンションは、CLAでは全車マルチリンクとされた。

パワートレインは全車、直列4気筒ターボで、ガソリンが1.4リッターと2リッター、ディーゼルが1.5リッターと2リッターがそろう。そのうち今回は、ガソリン2リッターで最高出力225ps、最大トルク350Nmの「CLA250 4MATIC」と、最高出力190ps、最大トルク400Nmのディーゼル2リッターを積む「CLA220d」の2台のステアリングを握ることができた。

「CLA250 4MATIC」の0-100km/h加速タイムはFFの「CLA250」と同じで6.3秒。最高速度は電子制御リミッターで250km/hに制限されている

まず試したのはCLA250 4MATIC。動力性能は十分以上で、先代の登場当時にはあからさまなトルク不足を感じた低中速域もしっかりとトルクがついてくるし、回せばトップエンドまでしっかりパワーがついてくる。しかもサウンドだって結構聞かせるものになっていて、アウトバーンでは気持ち良く右足に力を込めることができた。

驚いたのは乗り心地である。19インチタイヤ装着ということで乗る前にはあまり期待はしていなかったのだが、実際にはしなやかにストロークし、あらゆる入力のカドを丸めてくれる、実に上質な乗り心地が実現されていたのだ。しかも、“冗舌”なステアリングを切り込んだ時のレスポンスにも適度な軽快感があって、ワインディングロードだって楽しく走れる。想像をはるかに上回る出来栄えに、大いに感心させられたのである。

実は試乗車にはアダプティブダンピングシステムが装着されていた。その効果はかなりのものらしく、スポーティーなだけでなく極めて快適な走りは、これぞメルセデス・ベンツという味わいが濃厚だった。この組み合わせなら、あるいはCクラスよりも完成度は上かも……と、お世辞抜きにそう感じられたほどだ。

■より多くの人にアピールできる

CLA220dに乗り換えると、こちらは低回転域からトルクが充実していて、市街地から高速道路まで抜群のドライバビリティーを誇るだけでなく、想像をはるかに超える静粛性、スムーズさを味わわせてくれた。このエンジンは2020年からのさらに厳しくなるユーロ6d排ガス規制に対応するメルセデス・ベンツ自慢の作。ディーゼルの進化に終わりはない。開発陣の気迫が、そこにはみなぎっているように思えた。

流麗なシルエットを見せる「CLAクーペ」。新世代の「Aクラス」ファミリーでは、このCLAのほかに、よりコンベンショナルなセダンスタイルの「Aクラス セダン」もラインナップされる

運転支援装備についてはAクラスと同様で、カメラとレーダーの進化により500m前方の状況まで検知することが可能。機能面も、ウインカーレバーの操作で車線変更できるレーンチェンジングアシストが備わり、マルチビームLEDヘッドランプもオプションで用意されるなど、旗艦「Sクラス」にだってほぼ遜色はない。

内外装ともにデザインの洗練度、クオリティーを高め、走りの質も格段に引き上げられた新型CLAは、先代の人気を引き継ぐだけにはとどまらず、さらに広いユーザー層にアピールできそうな仕上がりとなっている。あるいはサイズうんぬんではなくその内容で、Cクラスではなくこちらを選ぶという人も出てくるかもしれない。

2019年末以降という日本での販売開始の際には、まずは「CLA250 4MATIC」が導入されるもよう。そのあと「CLA200d」「CLA180」といったモデルが続くこととなりそうだ。

(ライター 島下泰久)

■テスト車のデータ
メルセデス・ベンツCLA250 4MATIC
メルセデス・ベンツCLA250 4MATIC

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4688×1830×1439mm
ホイールベース:2729mm
車重:1550kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:224ps(165kW)/5500rpm
最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1800rpm
タイヤ:(前)225/40R19 93W/(後)225/40R19 93W(ピレリPゼロ)
燃費:6.5-6.7リッター/100km(約14.9-15.4km/リッター、NEDC複合モード)
※数値は欧州仕様のもの


メルセデス・ベンツCLA220d
メルセデス・ベンツCLA220d
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4688×1830×1439mm
ホイールベース:2729mm
車重:1560kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:190ps(140kW)/3800rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1600-2600rpm
タイヤ:(前)225/40R19 93W/(後)225/40R19 93W(ピレリPゼロ)
燃費:4.3-4.4リッター/100km(約22.7-23.3km/リッター、NEDC複合モード)
※数値は欧州仕様のもの

[webCG 2019年5月10日の記事を再構成]

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
PayPay100億円還元策の舞台裏 景表法の限界に挑戦
日経クロストレンド
席で注文できるマクドナルド 新キャッシュレス体験
日経クロストレンド
ファミマ新決済の全貌 したたかなキャッシュレス戦
日経クロストレンド
スタバの「スタアバックス珈琲」 成功の裏側
ALL CHANNEL