グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

dressing

串揚げや鮮魚盛り、ワインで気軽に楽しむ 東京・池袋

2019/6/10

有機野菜を使った「オーガニック野菜と果物のローカルサラダ」

まず楽しみたいのは、栄養をたっぷり蓄えた野菜やフルーツを彩り豊かに盛りつけた「オーガニック野菜と果物のローカルサラダ」だ。バラエティー豊かな有機野菜は、全国各地から取り寄せている。

イタリアンブロッコリーは軽く火を通し、黄金カブはグリル。素揚げしたレンコンはさっくりと芳しく、ピクルス漬けしたリンゴは爽やかな味わい。完熟キンカンや真っ赤なイチゴの甘酸っぱさもよいアクセントとなり、いろんな味わいや食感を堪能できるのがうれしい。

魚好きならぜひ試してほしいのが、そのときどきに仕入れた鮮魚で作る「五島列島 林鮮魚店さんの鮮魚の盛り合わせ」だ。

「林鮮魚店」とは、知る人ぞ知る魚の目利きが立ち上げた加工場。鮮魚の中から特に生きのよい魚を選び、神経締めにして腐敗の原因となる血と水分を取り除くことで、魚を熟成させ、うまみと力強さを強化させるプロフェッショナル集団である。

この日のプレートに盛られていた鮮魚はヒラマサ、マダイ、ヒラメの3種類。オカヒジキやミョウガ、カイワレ、マイクロ赤シソとともにさっぱりとした味わいを楽しむのがオツ。

通常の刺し身同様、しょうゆも一緒にテーブルに供されるが、魚によっては昆布締めすることもあれば塩で食すことをすすめる場合もある。

肉好きへのおすすめは、「極上霜降り馬肉のユッケ」。熊本産の馬肉は九州では王道の甘口のしょうゆで味をつけ、同じく九州でよく食べられている「炒麺(チャーメン)」などとともにプレートに盛りつける。

「極上霜降り馬肉のユッケ」は熊本産の馬肉を使う

見た目には和のイメージが強い一品だが、ワインとの相性を考え、細かく刻んだオリーブとピクルスを混ぜ合わせているところはさすがである。

ロゼからオレンジまでさまざまにそろうワインはすべてナチュール。食べるものだけではなく飲むものも、カラダを作る「源 MOTO」となっているのだから、添加物の有無や製法にこだわって当然だろう。

「ワインの渋みと油ものは相性がいいので、いろんな組み合わせで楽しんでほしいですね」と千竃さん。

海外に誇る日本の食文化×こだわりのナチュールを楽しめる同店は、外国人のおもてなしにはもちろん、わたしたち自身の食生活を豊かにするためにも通いたくなること間違いなしだ。

<メニュー>

▼フード

串揚げ おまかせ 230円均一 / 五島列島 林鮮魚店さんの鮮魚の盛り合わせ 1680円 / 極上霜降り馬肉のユッケ 1650円 / オーガニック野菜と果物のローカルサラダ 980円

▼ワイン

本日のグラスワイン 700円~ / 本日のグラススパークリングワイン 900円~ ※価格はすべて税別

串揚げとワイン  源MOTO
住所:東京都豊島区南池袋2-11-5 三栖ビル1F
電話:03-5957-5005
営業時間:17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:火曜日
公式HP:http://izakaya-moto.jp/kushiage/
※上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL