グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

dressing

串揚げや鮮魚盛り、ワインで気軽に楽しむ 東京・池袋

2019/6/10

「黒毛和牛」は竹炭パウダーを交ぜた粉を使う

黒毛和牛は系列店である「肉屋の量売り食堂 听屋(ポンドヤ)」のノウハウを生かして仕入れたA4、A5ランクのものを使用。竹炭パウダーを織り交ぜた粉を使い、スタイリッシュな黒い串に仕上げている。

サックリ食感の衣の中から現れるのは、火を通し過ぎずやわらかさを残した新鮮な和牛。衣の中には、サイコロ状にカットされた和牛が2つ並んでいるので、食べやすさも抜群だ。

そのままはもちろん、テーブルに用意された昆布塩やポン酢、自家製ソースとも相性がいいので、いろんな味付けで肉のうまみを堪能したくなる。口の中ですーっと溶けていくやわらかな和牛は格別な舌触り。牛肉専門店以外でこのような上質な肉を堪能できるとは驚きである。

串揚げはヒマワリ油100%で揚げている

写真の串は左から、「タケノコの糸がき(マグロ節の血合いを除いた部分を糸状にしたもの)とだし醤油(しょうゆ)がけ」「菜の花の牛肉巻き 卵黄ソース」「豚ヒレ マスタードソース」「天使のエビ」「黒毛和牛」「椎茸(しいたけ)のカニクリーム詰め」。

春の香りいっぱいのタケノコや菜の花には、素材の味を昇華させるオリジナルのタレやソースがトッピングされているので、串揚げの新しい楽しみ方に開眼させられそうである。

卵黄ソースはサクサクの衣に絡みついて濃厚なうまみをもたらしてくれるし、マスタードソースのキリッとした大人の味わいも心地よく、串揚げと一口に言っても、ソースによってさまざまな味わいを楽しむことができるとよくわかる。

すべての串は、キメの細かい生パン粉をまとい、ヘルシーなヒマワリ油100%で揚げられているのでとっても軽やか。

平均12本程度楽しむ人が多いというが、串揚げ以外をオーダーしなければ、もっとたくさん食べられそうだ。

とはいえ、前菜や野菜メニューにも気になるものがたくさん。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL