グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

dressing

串揚げや鮮魚盛り、ワインで気軽に楽しむ 東京・池袋

2019/6/10

「串揚げとワイン 源 MOTO」の「串揚げ おまかせ」

和食は海外でも人気が高いといわれるが、箸の持ち方や魚の食べ方を徹底するのは少々困難。しかし、「そのまま外国に持って行って喜んでもらえる日本のお店」をコンセプトとした東京・南池袋の「串揚げとワイン 源 MOTO」(以下、源 MOTO)なら、より多くの外国人がおいしい和食を気楽に堪能できるに違いない。

Summary
1.串揚げ×ナチュールで、ワインの渋みと油ものの相性のよさを堪能
2.カラダの「源」となる旬の食材をバラエティー豊かに楽しめる
3.鮮魚の盛り合わせなど、サイドメニューも豊富

「コテコテの和食より、海外の人たちも飲み慣れているワインと一緒に楽しんでもらえるお店にしたかったんです」

そう話すのは同店店長を務める千竈健司さん。前身となる「串平」時代から店長を務めた店をリニューアルする形で、2016年11月に独立して「源 MOTO」をオープンさせた。

リニューアルにあたっては「和」を意識。カラダの源(みなもと)となる大事な食事を、日本の食文化、酒場文化ごと楽しんでほしいとの思いから、季節の食材や地方のおいしいものを提供していくことにした。

もちろんメインの串揚げにも、四季の味をふんだんに盛り込む。

最初の2本こそ、「シグネチャー串揚げ」ともいえる「天使のエビ」「黒毛和牛」を提供するが、3本目以降は季節の食材をなるべく多く取り入れることを意識しながら、客から「ストップ」がかかるまで、アレルギーと苦手な食材を除いた肉、野菜、魚をバランスよく揚げていく。

「天使のエビ」はサックリとした衣とプリプリしたエビの食感

ニューカレドニア産の「天使のエビ」はうま味成分であるアミノ酸含有量が高く、甘みとコクも強く感じられるぜいたくな味わい。サックリとした衣とプリプリしたエビの食感の対比がなんとも楽しく、かみしめるとねっとりと舌に絡みついてくるうまみもたまらない。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL