ヘルスUP

日経Gooday 30+

脳の機能高めるエクササイズ 体のキレが一段とアップ 脳のコンディショニング術(4)

日経Gooday

2019/7/8

目だけをなるべく早く上下に動かして指を交互に見る。素早くできない場合は脳の処理機能が低下している可能性も…。(写真 鈴木愛子)
日経Gooday(グッデイ)

筋トレや有酸素運動のようなきついトレーニングではないのに、スポーツのパフォーマンスアップや、老化で衰えた身体機能の改善に効果が期待できる「脳のコンディショニング」。これは、トレーナーの江口典秀さんが提唱している「トータルニューロコンディショニング(TNC)」というメソッドで、江口さんが指導した様々な競技のアスリートが練習に取り入れ、成果を上げている。第1回では理論、第2回第3回では基本的なエクササイズを紹介したが、今回は、より効果を高めるためのエクササイズを紹介しよう。

■感覚器を磨き、脳の処理脳力を高める

スポーツをすると、「若い頃よりキレが悪くなった」「いまひとつパフォーマンスが上がらない」などと感じることがある。これらの原因は、加齢による筋力、体力の低下? と思いがちだが、実は、脳の情報処理能力の低下が原因、というのが江口さんの考えだ。

その場合、どんなに筋トレや走り込みなどに励んでも、成果は上がらない。脳の機能を高めるためには、赤ちゃんの発達段階を追ったり、正しい立ち姿勢を保持できるようになるエクササイズを行うことが有効だ(第1回「加齢で衰えた体のキレ 脳の感覚チェックで取り戻す」、第2回「脳活性化で体機能向上 アスリートも励む赤ちゃん返り」、第3回「脳の機能狂わす歪んだ姿勢 楽々エクササイズで矯正」参照)。

今回は、さらにステップアップして、「巧みな動きができない、動きに左右差があるといった悩みを解消するエクササイズを紹介しましょう」(江口さん)

私たちは、視覚、平衡感覚、体性感覚から様々な情報を取り入れて脳に「入力」し、脳でこれらを「処理」して、神経を介して筋肉に指令を出し、「出力」する。これが運動だ。つまり、いい運動をするためには、「入力」と「処理」の機能を高めることが必要だ。

「私たちは情報の約80%を視覚から得て、垂直、水平位を維持しているため、まず、両目がきちんと使えることが重要です」(江口さん)

また、「平衡感覚は頭の傾きや加速度を感知して脳に命令を伝え、バランスと空間を認知しています。体性感覚は皮膚、筋肉、関節などにあるセンサーから情報を感知して、体の情報を脳に伝えています」(江口さん)

これらの感覚器を鍛えるためには、目を使ったり、頭や体を動かすエクササイズを行い、脳の処理機能を活性化させるといいそうだ。以下に、感覚器の機能チェックと脳の処理能力アップのエクササイズを紹介しよう。

●チェック

【指鼻指タッチ(開眼10回、閉眼10回)】

※1人で行う場合、ペン立てのペンなどにタッチしてもいい

二人で向かい合い、腕を伸ばして人さし指同士がタッチできる距離に立ち、一人が相手の人さし指と自分の鼻を交互にタッチする。これを目を開けた状態で10回、閉じた状態で10回繰り返す。タッチする場所がずれたり、手がスムーズに動かず揺れたり、ぎこちない場合、感覚器の機能や脳の処理能力が低下している。左右差なく体をしなやかに動かすためには、両側ともに正確に動かせる必要がある。

【眼球運動(左右、上下各10回)】

自分の顔の両側で人さし指を立て、頭を動かさずに目だけをなるべく素早く左右に動かして指を交互に見る。続いて、顔の斜め上と斜め下に人さし指を横にしてかざし、目をなるべく素早く上下に動かして指を交互に見る。目と一緒に頭が動く場合や両目をスムーズに素早く動かせない場合、脳の処理機能が低下し、動きながら素早くものを見る(視覚情報を入力する)能力が低下している。上下の動きが悪い場合、階段をスタスタ下りられなくなる。

【片手ボールキャッチ(左右各8~10回)】

テニスボールなどを右手で床に向かって投げ、跳ね返ったボールを右手でキャッチする。その後、左手でも同じように行う。手とボールの位置がずれたり、タイミングが合わないような場合、視覚や体の位置感覚といった感覚器の機能や脳の処理能力が低下している可能性がある。

これらのチェックで動きの鈍さを感じた人は、次に紹介するエクササイズを行おう。全てゆっくりと、安全に注意して行うことが大切だ。

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL