ブック

著者に聞く 仕事の風景

部長ポストは「通過点」 一流の管理職は割り切り上手 『部長の一流、二流、三流』志倉康之氏

2019/6/5

だが、「経営の方角をしっかり見定めていれば、部長がオールマイティーである必要はない」と志倉氏はビギナー部長を励ます。専門的な知見が乏しい場合、ずっと詳しい課長やその他のリーダーに実務を任せても構わない。「部下になめられる」といった心配は無用だ。生え抜き課長の経験値を信じて、楽観的に委ねるほうが「かえって器の大きさを感じさせる」(志倉氏)。部長は方向感さえ間違わないように目配りしていれば、むしろチームの自律性を引き出しやすくなるという。

■常に明確でなければならない

もっとも、「一流部長にならねば」と、気負いすぎる必要はない。なぜなら、志倉氏がこれまでにたくさんの働き手から聞き取った実感では「この人についていきたい」と思えた上司がいた人はほぼ2割程度にすぎないからだ。大半の上司は「大過なく任期を終えたい」と思っているような、判断のあいまいなキャラクターだったという。「いくつかの心構えを意識するだけで、並の部長からは抜け出しやすい。まずは自分が嫌いだった上司のまねをしないことから始めよう」と、志倉氏は新部長に助言する。

一流とそれ以外を分ける重要な要素とは何か。志倉氏は「判断と責任」の2点を挙げる。必要なタイミングで判断をはっきり示さないと、部下はあきれてしまう。常に正解を導く必要はない。ただ、明確でなければならない。「そこらへんはいい案配で」「なりゆき任せの様子見で」は禁句だ。責任を取る姿勢も部長に求められる。部下に任せたからには腹をくくって、結果責任を負う。これがあるべき態度だ。「いったん任せたのに結果責任を部下に押しつけると、部下は二度とついてこない」(志倉氏)

転職で他社に移った場合、同じ部長ポストでも仕事環境が異なり、戸惑いを生みやすい。途中入社の「落下傘部長」に慣れていない職場では、新参の管理職が動きづらいケースもあり得る。短期間にチームをまとめるスキルを持ち合わせていないと、せっかく望みの転職先に好待遇で迎えてもらったのに、結果が出せない事態に至りかねない。

部長級での転職はキャリアの大きな転機になる。「人材の流動化が激しくなるなか、これからは『部長らしい振る舞い』ができるかどうかがキャリアの先行きを左右する」と、志倉氏はみる。部長で迎えられたのに、課長に格下げといった悲劇を避けるためにも、部長になる前の段階から一流部長らしい仕事ぶりを意識しておきたい。

志倉康之
巧コンサルティング代表取締役。中小企業診断士。カルチュアコンビニエンスクラブでネット通販事業責任者(部長職)を経験。大前研一氏のビジネス・ブレークスルーから支援を受け、2015年に巧コンサルティングを設立。リーダーシップや人材育成、生産性向上などの経営指導や研修に携わっている。

部長の一流、二流、三流 (アスカビジネス)

著者 : 志倉 康之
出版 : 明日香出版社
価格 : 1,620円 (税込み)

ブック 新着記事

ALL CHANNEL