トレンド

初夏にぴったりのリネン 休日を心地よく過ごす

MEN’S EX

2019/6/21

〈 非日常気分を盛り上げるロマンチックなリネンカタログ 〉

その柔らかさとしなやかさ、そして上品な艶感が魅力のリネン。今夏のリゾートで寛ぐためのシャツはリネンで決まりだ。いつものシャツにひとひねり加えて、旅の情緒に浸るのも悪くない。休日リゾートで大人が愉しめるリネンシャツをあれこれ集めてみた。

PASTEL COLOR[ パステルカラー ]
シンプルに華やか。

(右から)
■BROOKS BROTHERS/ブルックス ブラザーズ

イギリス製の高級リネンをスポーティかつモダンに愉しむ
リネンの最高峰、アイリッシュリネン製のBDシャツ。ソフトな肌触りで吸湿性、速乾性に優れているので、高温多湿な日本の気候に最適だ。胸と腕周りが細いモダンなリージェントフィット。 1万4000円(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

■MATTEUCCI/マテウッチィ

イタリアらしい色使いとゆとりのフィット感が人気
リラックス感が漂うイエローグリーンは、解放感を目いっぱい楽しみたいという大人に是非トライしてもらいたい。細身になり過ぎない着心地の良いサイジングとイタリアンブランドにしては手頃な価格も魅力だ。  1万7000円(トレメッツォ)

■ETONNE/エトネ

イタリア最高峰のシャツ生地をリラックスムードで纏う
製品洗いによる表情豊かなシワ感が魅力。ナチュラルなネップ感もリラックスムードを高めてくれる。イタリア、アルビニ社製の高級リネンは光沢感があり、しなやかで驚きの柔らかさ。  1万3000円(ユニバーサルランゲージ 渋谷店)

■MACKINTOSH LONDON/マッキントッシュ ロンドン

リネン特有の清涼感と上品な艶感が共存
レギュラーカラーながら、小ぶりでややワイド気味の襟型が英国らしさを醸し出す。ウォッシュ加工による浅いピンク系の色合いが、大人の上品な色気と程よいリラックス感を漂わせる。 2万3000円(SANYO SHOKAI カスタマーサポート)

COLONIAL COLOR[ コロニアルカラー ]
ソフトな色気が、いい塩梅。

■BARBOUR/バブアー(右)

硬派な英国サファリテイストは軽快ナチュラルカラーで
英国産の上質なリネンを使用したサファリジャケット。リネン特有の風合いとナチュラルな色合いがリラックスした雰囲気だ。ドローコードでシルエットを変えながら、オーバーサイズをモダンに羽織りたい。 4万8000円(バブアー 銀座店)

■MASSIMO D’AUGUSTO/マッシモ ダウグスト(左)

サファリライクな土臭さを上品な佇まいで堪能
サファリ調ながら、フロントボタンを排したモダンな表情がイタリアらしい洒落感を放つ。身頃や肩周りは少しゆとりを持たせてありサラッと羽織れる。腰ベルトを縛ることでシルエットを自在に操る。 4万9000円(ビームス 六本木ヒルズ)

WHITE[ ホワイト ]
そんな手も、あったか。

■BAGUTTA/バグッタ(左)

襟周りの雰囲気に気品と色気が漂う
柔らかな素材感と上品な光沢がノーブルな雰囲気。洗いをかけたことで、リネン特有の抜け感が生まれリラックス感が高まる。通常よりも若干高めに設定されたバンドカラーの表情も、エレガントな印象に。 2万4000円(トレメッツォ)

■MARGARET HOWELL/マーガレット・ハウエル(右)

クリーンなリネンの表情をゆるいシルエットで優雅に
リネンの余分な毛羽立ちを丁寧に取り、肌触りにこだわった定番の一枚。4cm幅の太い前立てがカジュアル感を高め、大きめの胸ポケットも程よいアクセントに。たっぷりとした見頃のシルエットも今どき。 2万9000円(アングローバル)

※表示価格は税抜きです。

撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK)〈人物〉、若林武志〈静物〉、久保田彩子〈静物〉 スタイリング/武内雅英(CODE)、佐々木 純 ヘアメイク/星 隆士(SIGNO) 文/吉田 巌(十万馬力)、伊澤一臣、秦 大輔、安岡将文

MEN'S EX

[MEN’S EX 2019年6月号の記事を再構成]

Latest