花王のアタック新CM 洗濯好き男子5人登場で最高位2019年4月度 CM好感度月間ランキング

日経エンタテインメント!

CM総合研究所が発表する4月度の銘柄別CM好感度ランキングで、花王の衣料用濃縮液体洗剤の新商品「アタックZERO(ゼロ)」が2位に入った。松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人、間宮祥太朗、杉野遥亮の5人が、洗濯好きな社会人サークル「#洗濯愛してる会」のメンバーを演じている。豪華なキャストや新商品が注目されて、女性層から圧倒的な支持を獲得。花王のCMとして最高順位を記録した。

アタックZEROの新CMシリーズ「ゼロ洗浄、はじまる」編。松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人、間宮祥太朗、杉野遥亮の5人が、洗濯好きな社会人サークル「#洗濯愛してる会」のメンバーを演じている
CM総合研究所調べ

4月1日から始まった「ゼロ洗浄、はじまる」編では、カフェに集合した5人がそれぞれ新商品を手に「汚れゼロへ」「ニオイゼロへ」「洗剤残りもゼロへ」と特徴を言ったり、ラインアップに加わったワンハンドプッシュタイプやドラム式専用の商品をアピールしたりする。ほかにも「ワンハンドプッシュ 初めて」編など4編が4月度にオンエアされた。

「ワンハンドプッシュ 初めて」編

いずれも女性層から圧倒的な支持を獲得。好感要因は「出演者・キャラクター」がトップで「商品にひかれた」「ユーモラス」と続く。調査モニターのコメントには、「キャストが豪華すぎる!!」「今話題の5人がそろってすごいCM」「とうとう男の子も洗剤に興味を持ち始めたのでしょうか」と豪華キャストにひかれたという声が目立った。

CM総合研究所の関根心太郎代表は、人気のイケメン男優5人をそろえたインパクトを称賛。「洗剤のCMに男性タレントが出ること自体は今では珍しくないですが、旬の若手男優を5人もそろえたのは初めてではないでしょうか。キャラクターの設定もファンが納得するように作り込んでおり、そこもユーザーの心をとらえました。30年以上続くアタックのブランドが一新したことはしっかり伝わり、効果は満点でした」

クリエイティブディレクターの篠原誠氏は、CMの狙いをこう語る。「洗濯初心者である若年層からシニア層まで幅広い世代へのアプローチを考え、旬な俳優たちから興味をひき、“アタックが新しくなるということを伝える”ことをめざしました。ありがちな洗濯物を干すシーンではなく、人気の若手俳優による会話劇で、登場感と商品の魅力を伝えます。洗剤史上かつてない革命的な商品を、洗剤史上かつてない表現で伝えることを狙いました」

メンバーが5人になった理由はこうだ。「『#洗濯愛してる会』という、洗濯が大好きな人たちの集まりという設定のため、会というからには5人ぐらいはいた方がいいと思いました。また、アタックZEROの5つの優位点を解説するときに、汚れを気にする人、ニオイを気にする人、洗剤残りを気にする人、ワンハンドプッシュが好きな人、ドラム式の洗剤を求める人と、それぞれに興味がある人ということで5人になっています」(篠原氏)