カラーメーク・メンズ美容… 令和の美容ヒット予測

日経トレンディ

【上半期ヒット】時短ブームでも「ちゃんとケア」をかなえる

「光美容器 光エステ 〈ボディ&フェイス用〉ES-WP81」(パナソニック)

「時間があればちゃんとケアしたい」ニーズもあるなか、「休日のスペシャルケアに向く」(アイスタイル)美容機器が好調。パナソニックの脱毛器は、「この商品から男性のヒゲと胸毛にも使えるように。発売直後から好調な売れ行き」(パナソニック)。女性ものを使うのに抵抗がない男性が増え、「ムダ毛ケア」需要が高まったことを象徴する。

【上半期ヒット】見落としがちなパーツに焦点

「恋するおしり ヒップケアソープ」(ペリカン石鹸)

その名の通り「お尻」に特化したスクラブせっけん。肌を直に撫で洗いすることで黒ずみ、ざらつきを落とすという。ありそうでなかった着目点で、消費者のニーズを掘り起こした。発売したのは16年3月だが、18年秋ごろからSNSで「全身がすべすべになる」とバズり、「最大で1カ月で1万個売れた。欠品になったことも」(ロフト)。

【上半期ヒット】ワークマンプラスが好発進

「4D 超撥水ストレッチパンツ」(ワークマン)

デニムなのに水を弾く、カジュアルウエアと作業着の機能性を両立させたワークマンの新商品。3月の発売から僅か1週間で1万着も売れた。洗濯しても撥水機能が落ちないうえ、触り心地は普通のデニムと変わらない。ストレッチ素材を採用し、ウエストもゴム仕様にするなどはき心地にも工夫をこらした。価格は2900円(税込み)と安い。

【上半期ヒット】スーツのような作業着が急拡大

「WORK WEAR SUIT」(オアシススタイルウェア)

スーツに見える作業着をうたい、ストレッチ性、撥水性などを兼ね備える。動きやすく、汚れにくいためアクティブな職種を中心にヒット。じわじわと認知度を拡大し3月の売り上げは、昨年10月に比べて5倍に増えた。EC販売が中心だが、2月に三越伊勢丹でポップアップストアをオープンするなど販路も広がりつつある。

【上半期ヒット】働く女性の救世主

走れるパンプス(GUなど)

仕事上の制約でスニーカー通勤ができない女性に救世主が現れた。その名も「走れるパンプス」だ。代表格は、18年7月に発売されたGUの「マシュマロパンプス」。クッション性や高屈曲性を持ち、スニーカーのように動きにフィットする。「好評を受けサイズやデザインのバリエーションを拡充」(ジーユー)。

【上半期ヒット】アパレル在庫、「改名」してヒットに

「Rename」(FINE)

アパレルの在庫を買い取り、新しいタグを付けて販売するビジネスが生まれた。百貨店系ブランドやファストファッションの売れ残った商品を買い取っており、消費者は元の価格より2~7割安く買える。18年10月には公式ECサイトを立ち上げた。19年3月までの売り上げ実績は前年同期比1.46倍と好調に推移。

次ページからは「令和」のヒットを予測する。