How to

履いて感じる上質・優雅 高級靴ブランド革スニーカー

MEN’S EX

2019/6/25

希少な「クードゥースエード」を贅沢な一枚仕立てに

■STEFANO BEMER/ステファノ ベーメル

シューレース部分を折り曲げたユニークなデザイン
鹿に似たウシ科の動物「クードゥー」の希少レザーを使用。アッパーは一枚革で、シューレースホール部分を曲げて独特なデザインに。フィレンツェの高級ビスポーク靴ブランドらしく、内振りにカーブさせたシェイプも特徴だ。 10万円(伊勢丹新宿店)

シンプルとコンフォートの絶妙すぎる両立

■SERGIO ROSSI/セルジオ ロッシ

エラスティックバンドを内蔵し脱ぎ履き快適
しなやかなレザーアッパーによる、ミニマルなデザインのスリッポン。ロングタンの下にはエラスティックバンドが仕込まれていて、着脱が大変スムーズ。まさにノンストレスだ。 7万7000円(セルジオ ロッシ カスタマーサービス)

「こんなのあった!?」な定番ブランドの隠れアイテム

■PARABOOT/パラブーツ

スラックスにも合う、大人のスマートシェイプ
ボリューミーなイメージのあるパラブーツだが、こちらの「ジュー」はすらりとしたシェイプが印象的。光沢のあるカーフに、白ラバーとレザーをミックスしたソールでコントラストをつけている。 3万6000円(パラブーツ青山店)

紳士靴の超名門による英国ダッドシューズ

■CHURCH’S/チャーチ

凝った切り替えが名門靴ブランドの風格を薫らせる
レトロな表情を醸し出すダッドシューズ的スニーカー。スエードとメッシュを複雑に切り替えたアッパーは非常に手の込んだ作りであることが一目瞭然。英国名門の風格を感じる一足だ。 7万3000円(チャーチ 表参道店)

※表示価格は税抜きです。

撮影/畑中清孝(UM)〈人物〉、武蔵俊介〈静物〉 スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/馬場拓也(SEPT) 文/小曽根広光

MEN'S EX

[MEN’S EX 2019年6月号の記事を再構成]

Latest