WOMAN SMART

グルメ・トラベル

味や香りに意外な差 ホットケーキミックス食べ比べ

2019/5/31

ホットケーキミックスの味や食感、風味を食べ比べでチェック

パンケーキの人気が衰えず継続している中、スーパーの製菓材料売り場ではホットケーキミックスのラインアップが増えているのにお気づきでしょうか。安価なものからこだわりのある少し高級なもの、道具を一切使わず簡単に調理できるものなど、バリエーションが豊富。大きなスーパーでは15種以上あることも珍しくありません。

今回は、全国的に販売されているホットケーキミックス3商品をピックアップ。味や食感、風味にどんな違いがあるのか、実際に食べて比べてみました。

※調理はパッケージにある調理方法通りに調理。

■リッチな味わい 昭和産業「ケーキのようなホットケーキミックス」

昭和産業から販売されており、洗練されたパッケージが目を引く「ケーキのようなホットケーキミックス」。洋菓子店「ル パティシエ タカギ」の高木康政シェフが監修しており、「ケーキのような」という商品名からして、食感に期待が高まります。

<ここがポイント!>
・洋菓子店「ル パティシエ タカギ」の高木康政シェフが監修
・ケーキのようなしっとり食感
・たっぷりの卵と隠し味のチーズのコク
昭和産業「ケーキのようなホットケーキミックス」(200グラム×2袋入り)。税込み420円前後

パッケージ裏面のつくり方によると、200グラムのホットケーキミックスに対し、牛乳100ミリリットルと卵2個。他2商品と比べて卵をたっぷりと使うレシピとなっています。指示通りに焼いてみると、甘く優しい香りがふわっと香ります。焼けたホットケーキを切ってみると、生地がとても柔らかくてナイフがスッと通ります。口に入れるとしっとりとしているのに重すぎず、口の中で溶けていくような軽い食感です。優しい甘さと隠し味として配合されているバター、チーズのコクが感じられるので、ぜいたくな味わいとなっています。

卵がたっぷり入っていて鮮やかな黄色。柔らかく口どけもいい、ぜいたくな味

「この商品には、洋菓子専門店が使用する特等薄力粉を使用しています。従来にないふんわり感、軽い口溶けにすることができました。また、粉末バターやチーズを配合することでコクがある風味になっています」と同社商品開発研究所の薄井富美子さん。

「粉末バターやチーズ、専用のバニラミルク香料などがリッチに配合されているので、通常のホットケーキミックスより、やや火加減を弱めにしたほうが香ばしい焼き上がりになります」(薄井さん)とのこと。さらに食べ方としては「市販のプリンを添えて、崩してソース代わりにするのもおすすめです。和風にするなら、『ゆで小豆+黒蜜』やきな粉もよく合います」

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
日経DUAL
大ヒット文具開発パパ「娘におもろい!を言い続ける
日経ARIA
氷河期世代の44歳 ブラックな働き方と専業主婦の狭
日経doors
社会心理学でズバリ診断 あなたはこんなリーダーに
日経DUAL
岡崎朋美 育児と五輪挑戦を両立したことは私の財産
日経ARIA
山梨の限界集落に移住、家賃2万円の古民家で2拠点生
日経doors
離婚弁護士が教えるブラック彼氏の見極め方&対処法
ALL CHANNEL