終身雇用なき時代の転職 多職種に挑み70代まで働くミドル世代専門転職コンサルタント 黒田真行

楽しく生きるための「仕事」を思い描く

一般社団法人人材サービス産業協議会の調査によると、中途採用で転職者を受け入れた企業に、入社後に活躍している人の属性をインタビューしたところ、「同業種・同職種」出身の人も、「異業種・異職種」出身の全くの未経験者も、ほとんど活躍度合いに変わりがないことが明らかになったそうです。専門的な知識や経験をたくさん持っているからといって、転職後の活躍が期待できるものではないということです。

むしろ、そのような時代になるからこそ、同じスキルでも、専門知識や専門スキルではなく、自分の中のポータブルスキル(持ち運び可能なスキル)を理解し、活用することが重要になるのではないでしょうか。人材サービス産業協議会がまとめた「ポータブルスキルの構成要素」をぜひ参考にしてください。

(出典:一般社団法人人材サービス産業協議会作成「ポータブルスキル活用研修」資料)

「働き方改革」「人工知能(AI)対人間の仕事の奪い合い」「人生100年時代」「終身雇用崩壊」など、時代環境が変化するうねりの中で、新たなキーワードが日々更新され、注目を集めています。

しかし、これらのキーワードは、インパクトとわかりやすさを重視するために、前後の脈絡をはしょっていることも多く、また、ネガティブな側面が強調されることも多いようです。もっとも、変化によって起こる作用の中にはプラスの側面もあります。そして、何よりも変化を自分自身がプラスに変えるという意思の力も重要です。

仕事は生きていくために必要不可欠な糧を得るための手段という側面はありますが、人類の長い進化による恩恵もあり、人間が働く環境は少しずつ変化してきています。生きるための労役から、自分の人生を楽しむための機会として、有意義なものに変化させていく努力も重要です。

「人生の長い期間にわたって、複数の職場で働いていくキャリアを形成していく時代」に、あなたはどんな仕事、どんなキャリアを経験してみたいですか。長い仕事人生を、いくつかの章に区切って想像してみることで、自らの意思で、少しでも彩りの豊かな時間にしていただければと思います。

※「次世代リーダーの転職学」は金曜掲載です。この連載は3人が交代で執筆します。

黒田真行
ルーセントドアーズ代表取締役。日本初の35歳以上専門の転職支援サービス「Career Release40」を運営。1989年リクルート入社。2006~13年まで転職サイト「リクナビNEXT」編集長。14年ルーセントドアーズを設立。著書に本連載を書籍化した「転職に向いている人 転職してはいけない人」など。「Career Release40」http://lucentdoors.co.jp/cr40/

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧