ファンの「番組愛」、テレビよりラジオが大きい理由は立川吉笑

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

2018年10月から半年間、文化放送『SHIBA-HAMAラジオ』のレギュラーパーソナリティーを担当した。プロ野球中継のオフシーズン限定と聞いていたから、終わりがくることは分かっていたけど、毎週同じ時間に同じ場所でしゃべることが身体になじんでいたから、終わってしまうとやっぱり寂しい。

以前から、ラジオのリスナーが番組を思う熱量はテレビに比べて大きいと聞いていた。僕自身も高校生の頃から深夜ラジオを熱心に聴いてきたから、出演者が同じでもテレビよりラジオの方がグッと親近感がわき、好きになることは身をもって知っている。

それにしても「ここまで愛着をもってくださっているのか!」と番組が終わった今でも感じることが多い。落語会が終わってお客様にあいさつをしていると「聴いていました!」「またやってください!」などと声をかけていただけることが、これまでの仕事に比べて圧倒的に多い。恐縮してしまうくらいあふれる番組愛を伝えられることも度々だ。

そんな日の帰り道、何でラジオはここまでリスナーと密な関係を築けるのか考える。大きな理由として、ラジオ(特に僕が好きな深夜ラジオ)は、テレビより出演者の本音が聞けるということがまずある。テレビ出演はよそ行きのイメージで、ラジオはリラックスして素が出ている感じ。僕が聴いてきたお笑い芸人さんの深夜ラジオは、テレビで見られないようなラフなやりとりが大きな魅力だった。

同じ部屋にいるような親近感

イヤホンをつけて一人で聴くというのも、親近感につながる理由かもしれない。高校時代の僕は、家族が寝静まった夜中、部屋を暗くして布団に潜り込みながら聴いていた。イヤホンを使うと、同じ部屋からパーソナリティーの声が聴こえる気がしたものだ。

実家を離れ、夜更かししても母ちゃんに怒られなくなってからは、ラジオも気がねなく聴けるようになった。しかも「radiko(ラジコ)」などWEBアプリのおかげで、あらゆる番組を自分のペースで楽しめる。そうなってみて気づいたのは、ラジオ番組は別のことをやりながら聴けるということだ。洗い物とか掃除とか、ちょっとした事務作業とか、あまり頭を使わない作業をしながらのときもあれば、散歩中や仕事からの帰り道に聴くこともある。それでも番組の内容はちゃんと楽しめる上に、気づけば面倒な洗い物なんかが終わっている。合間合間に色々なことを考えることさえしている。ラジオ(というか音声メディア)の強みは、ここにある気がする。

音楽を耳にすると、その曲を聴いたときのことを思い出すことが少なくない。僕はglobeの曲を聴くと、小学校の教室で友達と「昨日のミュージックステーション見た?」としゃべったことや、こっそり兄貴の部屋に入って、大きなCDコンポでglobeの「FACES PLACES」という曲を聴いたことが頭に浮かんでくる。曲がトリガーとなって、曲そのものとは関係のない記憶まで再生されるのが面白い。

エンタメ!連載記事一覧