出世ナビ

リーダーの母校

組織運営学んだ天王寺高ラグビー部 三菱地所PM社長 川端良三・三菱地所プロパティマネジメント社長(上)

2019/5/27

この経験は就職して管理職になってからも役立ちました。上司の言うことをそのまま部下に伝えるだけなら、中間管理職の意味はないわけです。就職してからは、上司が気づいていない課題も伝えるように努めました。上に対してきちんと物を申せるかどうか、下の人はちゃんと見ていますからね。

ラグビーでも大きな相手に正面からぶつかっていく選手もいれば、ちょっと逃げたりする選手もいます。得点は取るけど、泥臭いプレーはやらないとか。善しあしは別として、「あいつはそういう奴なんだな」という評価にはなりますね。卒業して何年たっても酒席などで「お前、あの試合で逃げたよな」と言われますから(笑)。

もちろん、人間ですからいろいろなタイプがいるのは当然です。ラグビーの良いところは、15人の選手が補い合えることだと思います。ウソをつかず、本音でぶつかり合う中で、お互いのプレーの癖がわかってくる。それを理解し、受け入れて試合に勝つためにフォローし合っていく。これは企業社会にも通じることではないでしょうか。

正直言って、勉強は二の次だった。

中学時代の成績は良かったと思いますが、天王寺高校に入ると周りはみんな優秀な奴ばかり。どんどん置いていかれるので、反動でますますラグビーにのめり込むようになりました。

ただ、ラグビー部にも優秀な生徒が数多くいました。天王寺高校には独自の模擬試験「天王寺模試(通称、てんもし)」というのがあり、かなりハイレベルなのですが、1年から3年までラグビー部に所属しながらもずっと学年トップだった同級生がいました。東大に現役で合格し、今は研究の道に進んでいます。1つ上の代にも同じく3年間トップの座を維持し、現役で東大に進んだ先輩がいて、今は官僚になられています。この先輩は、あの厳しい夏合宿の最中も夜になると一人で勉強していて、本当にすごい人だと驚いた記憶があります。

天王寺高校は進学校で、文武両道をしっかり指導していると、親も知っています。ですから成績が落ちても「ラグビーをやっているから勉強ができない」とは言えないわけです。これには参ったなという感じでしたね。恥ずかしながら、自分自身は文武両道とは言えなかったと思います。

(村上憲一)

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


マネジメント層に必要な4つのスキルを鍛える講座/日経ビジネススクール

会社役員・経営幹部の方を対象とした、企業価値を高める経営の実務に役立つビジネス講座を厳選

>> 講座一覧はこちら

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL