新潟県最古の蔵が挑む「ファンづくり」 長岡・吉乃川ぶらり日本酒蔵めぐり(11)

「淡麗うま口」は切れすぎないのが身上
「淡麗うま口」は切れすぎないのが身上

酒蔵数全国一の新潟県で、現存する89蔵のうち最も長く歴史を刻むのが吉乃川(新潟県長岡市)だ。長岡藩の藩祖、牧野忠成が長岡城主となった1618年より70年さかのぼる1548年に創業した。古くから伝わる井戸を守り、自前で栽培するコメを原料に、うま味の際立つ伝統の味を醸し出す。一方で消費者のし好の変化を反映した商品開発は自由奔放だ。

4月20日に催した「吉乃川蔵開き2019」には約3000人の日本酒好きが参加した。今年は初めて、「久保田」で知られる朝日酒造など長岡市内の近隣4蔵が蔵開きイベントを合同開催し、前年の1.5倍の人出となった。メインの試飲会場「常倉」では大吟醸「吉乃川」や「厳選辛口 吉乃川」をはじめとする代表銘柄のほか、市場には流通させない蔵出しの無濾過(ろか)生原酒、発売したばかりの夏季限定商品も登場し、客の関心をひいた。

「蔵開き」は日本酒好きの客でにぎわった

ふだんは資料館として酒づくりのための古い道具などを展示している「瓢亭(ひさごてい)」では、ビン詰めしたまま熟成させた「熟成古酒」を飲み比べられるコーナーがしつらえられ、過去15年以上のビンテージをほぼすべて試せるようになっていた。

新潟の酒は原料米に五百万石を多く使うこともあり、「淡麗辛口」が通り相場。「吉乃川」も淡麗ではあるが、ひと味違う。後味は切れるが、口に含んだ瞬間のまろやかさが印象的で、淡麗の一言では片付けられない複雑さがある。社長の峰政祐己さんは「うちの酒は淡麗うま口と言えるかもしれません。水の特徴を反映しているのだと思います」と説明する。

仕込み水に使うのは代々守ってきた3本の井戸の水、「天下甘露泉」だ。井戸の深さは10メートルと浅い。蔵の東側にそびえる東山連峰の雪解け水と、西側を流れる信濃川の伏流水が交わる水脈はミネラル分の少ない、やや軟水という酒造りに適した水を蔵に与え、吉乃川の味わいを育ててきた。水と味わいの相関を証明するのは容易ではないが、銘酒のゆえんを語る一要素ではある。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド