ANAハワイ便 新設ファーストクラスの機内食を体験連載 ヒコーキに恋して ANAホノルル線機内食 後編

「機内食はCAが盛りつけを行うのですが、工程はクラスごとに決められています。ファーストクラスの場合は1品あたり4~5工程まで、ビジネスクラスは3工程までです。コラボレーションするレストランやシェフにその制限を説明すると、そこでもほぼ100%驚かれますね(笑)」

 上空でサービスされる全てのお料理には「指示書」があって、食材の盛り付け順や盛りつけ方が写真や文章で共有されているそうです。最近は立体的な盛りつけも増えてきて、写真だけではわからないので「動画」も参考にするのだとか。

このお料理の場合は、ユーコンポテトのピューレをのせ、その上に仔牛のホホ肉の煮込み、そしてフォアグラ。付け合わせを飾って最後にソースを広げて完成です。機内の安全を守りながら、こういった料理も仕上げるCAさんって本当にすごい。

次に出てきたのが「アンガス牛フィレ肉のステーキ、ラディッキョとキノコ、黒胡椒のバルサミコソース」。柔らかくてジューシーで、もう言葉になりません。こんなにおいしいものを空の上で食べられるなんて、奇跡じゃないかと思うほど。ずっとかんでいたいのに、とろけちゃう。ただこのおいしさにも、シェフたちの苦労が詰まっているんだとか。

アンガス牛フィレ肉のステーキ、ラディッキョとキノコ、黒胡椒のバルサミコソース
ステーキの味に貞平さんも「絶妙の火加減」とびっくり

「機内食には、生物(なまもの)をそのまま提供することはできないなど、多くの制約がありますが、その中でも安全でおいしい機内食をご提供するために、調理工程や様々な調理法を用いることで、少しでも地上と同じクオリティーに近づける工夫をしています」

そう考えると、このステーキも上空でこの絶妙な火加減のお肉が食べられるっていうのは、地上で食べる何倍もの価値がある気がしてきました。

ちなみにファーストクラスの食事は、食べたいときにリクエストすることができるんです。

「以前は同じ時間に『お食事です』と提供していたのですが、お客様の機内での過ごし方も、以前とは変わってきています。特に羽田からの国際線が増えるにつれ、深夜に出発する便も増えていて、現地へ着いてそのまま仕事を始めるという方も多い。お客様の行動もだいぶ変わってきているんです。食事は手短にすませたいというお客様にも、ファーストクラスを満喫したいという方にもご満足いただけるようにサービスを構築しています」

楽しみな海外レストランとのコラボ

いろいろ変わりつつあるファーストクラスの機内食。最近の動向について、先日、ムック「ファーストクラス TRAVEL GUIDE 一度は体験してみたい究極のエアラインサービス」を出版したイカロス出版の佐藤言夫さんに聞いてみました。

「ビジネスクラスでもいえることですが、最近のファーストクラスの機内食では有名シェフとのコラボレーションなどが目立ちます。貞平さんも驚いていましたが、機内食では、衛生上の問題や提供時間、食材の安定供給などの問題から、作りたてを出せなかったり、地上で食べる料理と同じ食材や調理法を使えなかったり、といったさまざまな制約があります。にもかかわらず味にこだわりを持っている有名レストランや料亭がコラボレーションに応じるということは、機内食工場(ANAの場合はANAC)の調理技術が非常に高いことを有名シェフらが認めている証しともいえるでしょう」

たしかに味が悪ければブランドにとってマイナスですものね。それにしても、初めて食べたファーストクラスの機内食のおいしさに驚きました。

「一般の人々の中には、機内食をレトルト食品のようなものと考えている人が少なくないと思いますが、実際に機内食工場を取材すると、ふつうのレストランと同じような調理をしている料理が大半です。冷蔵保存されて機内で再加熱されてはいるものの、料理そのものは『手作り』のものが多いのです。とりわけ高級な食材をふんだんに使っているファーストクラスの機内食は丁寧な盛り付けも含めて一皿一皿がいっそう念入りに作られている印象を受けます」

今回のANAハワイ便のファーストクラス機内食で佐藤さんが注目したのは?

「やはりハワイのイタリアンレストラン『Noe』とのコラボレーションメニューの登場ですね。日本の航空会社の場合、当然ながらコラボ先は日本のレストランや料亭が中心で、海外のレストランとのコラボはそれほど多くありませんでした。今回のようなケースが増えていけば、今まで以上にそれぞれの就航地らしい料理を楽しめるようになるのではないか。そんな期待を感じさせるメニューでした」

それにしても、ファーストクラスの機内食は食べたいときにリクエストできるのには驚きました。

「ちなみに一皿ごとにサーブされるレストランスタイルのファーストクラスでは希望する料理だけチョイスして他を省略してもいいんですよ。もちろん一切食べないこともできます。実際、上級クラス利用者の中には、ラウンジなどで搭乗前に食事をすませ、機内では睡眠を優先して機内食を食べない人も珍しくないようです。自分がファーストクラスを利用することを想像した場合、できるだけ睡眠をとって機内食は簡単にすませるか、それとも睡眠時間を削ってでも機内食を堪能するか、迷うこと間違いなし。もっとも、こんなことで迷う人は、そもそもファーストクラスを利用してはいけないのかもしれませんが(笑)」

佐藤さん、その迷う気持ちわかります。ファーストクラスの寝心地も気になるけど、睡眠時間を削ってでも全メニューを制覇したいですよね。

今回の取材で、遠い世界のファーストクラスを少しだけ体感することができました。べらぼうに高いと思っていたファーストクラスですが、お料理やサービスもファーストクラスだからこその価格設定に納得です。実際にファーストクラスに搭乗する日を夢見て、明日からもお仕事がんばろっと(笑)。

貞平麻衣子
1981年3月16日生まれ、O型。元地方局アナウンサー。現在はホリプロに所属し、NHK-FM「クラシックカフェ」などを担当。趣味は、飛行機と愛犬とビールと旅。一人旅でアマゾン川のピラニアを釣ったり、愛犬を連れてパリに行ったりするなど、大の旅好きでもある。

(写真 吉村永)

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧