お得な時期逃すな 群雄割拠の電子マネーを使いこなす「キャッシュレス決済」をマネーハック(3)

ほとんどすべてのスマホに電子マネーのアプリをインストールできますが、店頭では現金決済をする人が多数派です。

ICカードから発展の電子マネー、スマホでは苦戦も

電子マネーの代表格はやはり「ICカード」でしょう。Suicaを筆頭に交通系ICカードはほとんどの人が利用しているでしょう。WAONやnanacoのようにスーパーマーケットでの利用を目的にICカードタイプの電子マネーを保有する人もたくさんいます。楽天Edyも多くの利用者がいます。

ICカードは、バーコードが印刷されただけのプラスチックカードより信頼性がありながら、カードの厚みはほぼ変わらないことから、電子マネーの「最初の主役」として広く利用されてきました。そして利用可能な店舗は徐々に広がり、今では多くのお店で決済が可能となっています。

ICカードタイプの電子マネーはほとんどが「スマホに乗せる」ことができます。iPhoneであればiPhone 7以降で、Androidスマホであれば「おサイフケータイ」のロゴが付いた端末で「カードレス」にすることができます(機種により対応している電子マネーの種類は異なる)。

今あるICカードタイプの電子マネーに慣れている人であれば、スマホへの切り替えは比較的スムーズに行えます。ICカードに慣れていた人も「カードレス」の便利さを味わってみてはいかがでしょうか。きっと戻れなくなるでしょう。

一方で、国内の決済方式であるフェリカ(FeliCa)に対応していないSIMフリースマホでは利用できませんし、iPhoneはSuica以外に対応していませんので(楽天Edy、nanaco、WAONなどが利用できない)、ベンダー側で「スマホへの上陸」に苦戦している現状もあります。

スマホネイティブで動き出すQRコード決済

電子マネーにはもうひとつの動きがあります。それはQRコード決済です。ICカードではなく、最初からスマホでの使用を想定しているキャッシュレス決済の方式です。

スマホにアプリをインストールし、画面に表示されたQRコードないしはバーコードを店舗で読みとってもらうか、スマホのカメラで店舗が提示するQRコードを読み取って、決済する仕組みです。中国などでは主流であるとされます。

アプリ上で操作し、モバイルバンキングで銀行口座から(あるいはクレジットカードから)チャージをすれば、まったく現金に触れることなくお買い物ができます。これも使ってみるとATMを経由しないキャッシュレス生活の便利さを実感できます。

注目記事
次のページ
勝者がわからないから「お得さ」で選べばよい
今こそ始める学び特集