マネー研究所

人生を変えるマネーハック

お得な時期逃すな 群雄割拠の電子マネーを使いこなす 「キャッシュレス決済」をマネーハック(3)

2019/5/20

写真はイメージ=123RF

今月のマネーハックは「キャッシュレス決済」をテーマとしています。新しいテクノロジーを使いこなすのもマネーハックでは大事なことです。

それが「便利」であったり「お得」であったりするのなら、なおさらです。今や電子マネーは一部の人が使う時期が終わり、誰もが日常生活の中でどう活用するかを考える時期に入っています。

■電子マネー、メリットあるのに使わない人が多い

現金払いのお会計だと「もたもた」する時間があります。つまり、お札や小銭を出す手間、店員が受け取り確認した後にお釣りを用意する手間、お釣りをもらい財布に入れ直す手間が、お会計で相当な時間を使っています。これがなくせるだけでも、電子マネーはもっと使ってみる意義があるように思います。

そしてあなたのわずらわしさは「あなたの後ろに並んでいるお会計待ちの人たち」のわずらわしさでもあるのです。あなたがキャッシュレス化することは、あなたの後ろの人にも恩恵をもたらすかもしれません。

キャッシュレス決済というと、スマートフォン(スマホ)をタッチする電子マネーのイメージが頭に浮かびます。しかし利用額ベースでは、9割程度はクレジットカードが占めている現状があります。

これはもちろん、高額決済でクレジットカードの利用が多いからですが、「もっと使える」余地があるのに、私たちが電子マネー、特にスマホを使い切れていない側面もあるのではないでしょうか。

たとえば、通勤通学に使っている交通系ICカードを「通勤通学のためだけ」に利用している人がいます。実はそのままコンビニで使えるのに、なぜか多くの人が現金で払っています。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL