powered by 大人のレストランガイド

ソニー・スクエニ・東京税関 グルメすぎる社員食堂

ソニーの社員食堂「Plat」 約1250席にも及ぶ広さで、ランチのピーク時は多くの従業員でにぎわう
ソニーの社員食堂「Plat」 約1250席にも及ぶ広さで、ランチのピーク時は多くの従業員でにぎわう

企業や行政機関において、従業員満足度の向上や社風のアピールにも役立てられている社員食堂。ただ空腹を満たせればいいというわけではなく、利用者が楽しく満足感を得るためには食堂の空間づくりやメニューの質の高さも求められる。「エイベックス・楽天・都庁 食べたい!社員食堂の魅力」「ヤフーとアマゾンの社食 『食べるだけ』じゃない魅力」に続き、今回は社員食堂 第3弾!、ソニー、スクウェア・エニックス、東京税関の食堂を紹介する。

まずは、JR品川駅から徒歩5分のソニー本社。2006年にビルが竣工された際、12階にオープンした「Plat」(プラット)は、広々としたフロアに約1250席を構える大規模な社員食堂だ。「North」と「South」の2つのエリアに分かれており、それぞれ異なる委託業者がメニュー開発や調理を担当。ビュッフェ、サラダバーなども併設しており、ランチタイムの利用数は1日で約5000食に及ぶ。ランチミーティングなどにも対応できるよう、おにぎりやビュッフェなどはテークアウトも可能だ。

総務センターの上原真利さんは「忙しく働く社員にとって、食堂は唯一の『日常』が感じられる場所。そのため、どちらの業者にも季節を感じられるようなメニューを提供するよう要望しています」と話す。旬の食材をメインとした季節限定のメニューや、ご当地グルメなどのイベントメニューには長い行列ができることもある。唐揚げなどの揚げ物がやはり人気だが、栄養面を意識して野菜料理の小鉢をプラスする利用者も多いという。

ソニーの社員食堂の春の限定メニュー「たけのこづくし膳」 旬のタケノコがメインになっている

食堂の運営を事業者2社に委託している理由は、メニューに幅を持たせるため、そして互いに競争意識を持たせるためだという。社員は好きな料理を選べるので、競争させる方が食堂スタッフのモチベーションにもつながり、メニューのクオリティーの向上にもつながるのでは、という狙いがあるようだ。同日に両社が同じ料理を提供することはNGというルールにしており、味付けやアレンジを変える工夫が必要だ。そのため、2業者合わせて1日で100品以上のメニューを(一部定番メニューを除き)日替わりで提供している。

また「食事だけでなくコミュニケーションの場の提供という付加価値をつけている」(上原さん)という。2018年2月に一部エリアをリニューアルし、オープンテラスをイメージした開放的なスペースを加えた。大型ディスプレーに話題のクリエイターの映像や社内の製品の情報を流し、さまざまなジャンルの書籍を置いて自由に閲覧できるようにすることで、その情報に関心を持った従業員同士がコミュニケーションを図れるようにという意味がある。

社内では定期的に社員向けのアンケートが実施されており、食堂については「息抜きの場所になっている」「一人暮らしなので食堂で栄養が取れるのがありがたい」「子育て中で、普段自分のことは後回し。食堂で栄養バランスの取れた食事が取れることがうれしい」といった声が上がっている。「社員の健康管理のため、安心安全な食を提供するということを大前提として食堂をつくっている。今後もさらにブラッシュアップしていきたい」と上原さんは話す。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド