WOMAN SMART

ファッション

胸の谷間で気分は上がる? 水原希子所長と考える

日経クロストレンド

2019/5/23

日経クロストレンド

ワコールの調査で多くの女性が胸に谷間があるときのほうが、幸せや自信を感じることが明らかになった。「苦しくないのに谷間ができてキープできる」と人気の「リボンブラ」で、初のアンバサダーに水原希子を起用。美しい谷間を20~30代の女性にアピールする新たなマーケティング戦略を展開する。

調査は10年1月から発売している「朝の谷間、ながもち、リボンブラ。」シリーズの新商品発売に合わせて、20~40代の女性900人を対象に19年2月に実施した。自分のバストへの自信の有無や、谷間ができたときの気持ちの変化などを調査したところ、8割以上の女性がバストに自信がない一方で、胸に谷間ができたときには自信度や幸福度が上がると答えたという。

そこでワコールは美しい谷間でより多くの女性を幸せにするために、「谷間向上研究所」を設立し、ブランド初のアンバサダーに起用した水原希子を所長に据えた。ワコールの広報・宣伝部 村田美紀氏は「これまで訴求が弱かった若年層にもファンを広げたい」とターゲット拡大に意欲を見せた。

■バストへの自信は谷間の有無が影響

調査では、まず対象者に自分のバストに対する自信の有無を質問した。その結果、実に8割以上の女性が自分のバストに自信がないことが分かった。年代別では、84.6%で20代に自信のない人が最も多かった。

次に、バストに谷間があるか尋ねたところ、10人中6人が「自分のバストには谷間がない/あまりないと思う」と感じていた。さらに「自分のバストには胸の谷間がないと思う/あまりないと思う」と答えた人に、「胸の谷間が欲しいと思うことはありますか?」と聞いたところ、6割以上が「谷間が欲しい」と感じていることが明らかになった。

8割以上が、「谷間があれば自信度も幸福度も上がる」と答えた

谷間ができているときとそうでないときでの気持ちの変化についても質問した。すると「谷間ができているときのほうが自信を持てる」が30.3%、「谷間ができているときのほうがやや自信を持てる」が52.7%となった。谷間の有無と幸福度の関係については、「谷間ができているときのほうが幸福度が上がる」が21.8%、「谷間ができているときのほうがやや幸福度が上がる」が58.8%で、8割以上が谷間が幸福度を上げると感じていることが分かった。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
転職願望あり過ぎ問題、本当に今動く? 最適な時期
日経ARIA
“ホルモン”のナヲ 閉経後の女性ホルモンは男性以下
日経DUAL
「一生働くキャリア」はこう作る!共働き親の時間術
日経doors
中田敦彦 成功者をまねてみると「自分軸」が見つか
ALL CHANNEL