就活で「志望業界絞れ」は本当? チャンスを逃すかもホンネの就活ツッコミ論(103)

石渡嶺司 大学ジャーナリスト

石渡嶺司 大学ジャーナリスト
写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

2020年卒の就職活動は、間もなく6月1日の選考解禁(経団連加盟企業)。すでに就活そのものを終えた4年生も目立ち始めました。

就職情報会社のディスコによると、2020年卒の大学4年生(理系の大学院修士2年を含む)1293人対象の調査で5月1日時点の内定率は51.1%。前年同期に比べて8.9ポイント上回っています。就職活動を終了する人は全体の21.8%で、こちらも前年(14.2%)を7.6ポイント上回っています。

周囲がどんどん内定を獲得する中、出遅れたように感じる就活生は焦ります。自分はまだエントリーシートを書いているのに…。

本連載102回では、落ち続ける学生の特徴についてご紹介しました。すると読者の就活生から「あれ、私に当てはまっていました。ところで、当初目指していた業界を今から変えても間に合うでしょうか?」とのご質問を頂いたのです。

そこで今回のテーマは「出遅れ就活生の業界変更」です。

■志望業界を絞る意味はあまりない

就活業界では古い定説がまかり通ることがよくあります。「志望業界は絞った方が選考に有利」などはその典型です。

1990年代から2000年代にかけての就職氷河期でよく言われており、それが令和となった現代でもなぜか、就活生に根付いています。実態はと言えば、売り手市場となった2013年以降は、複数業界を志望し、内定を得る学生が増えているようです。

業界・職種を絞ることで選考が有利になるのは、他業界・職種と選考内容が大きく異なる業界を志望するケースでしょう。

たとえば、フライトアテンダントや時事問題が重視されるマスコミ、筆記試験の幅が広い公務員などです。デザイン職やアナウンサー職など専門性の高い職種も同様です。

では総合職は、と言えば、業界を絞る意味はあまりありません。売り手市場が進んでいて、各企業とも業界を絞った就活生を優遇する意味が薄れているからです。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ