トレンド

爽やかで軽快 薄色デニム+ジャケットのすすめ

MEN’S EX

2019/5/26

MEN'S EX

カジュアル化が加速するビジネスシーン。ならば「通勤デニム=濃紺」のセオリーから一歩進んで、ビジネスでの節度を心得た、通勤デニムとの新しい付き合い方を考えてみたい。例えば、ワントーン明るい薄色デニムも、これからの季節なら爽やかで軽快に楽しめるはずだ。

初夏こそ薄色デニムでジャケパンに新鮮さを

クールビズから始まったビジネスウェアのカジュアル化は、加速しつつ進行している。一昔前なら考えられなかったデニム通勤というスタイルも、今では徐々に浸透し始めている。もはやオン・オフの垣根を越えて、デニムを楽しめる時代になったのだ。

例えば色落ちした薄色デニムも、仕事内容によっては着こなし次第でビジネス仕様になるだろう。今までなら「通勤デニム=濃紺」が通説だったかもしれないが、もうそんなフェーズすら過ぎたといっていい。大人の節度を守りさえすれば、1週間いつでもデニムスタイルを楽しめる。

麻や綿など、ジャケットの素材も色も爽やかになるこれからの季節には、濃色よりも淡い色のほうがむしろ涼やかに馴染む。薄色デニムで、初夏のジャケットスタイルに軽やかな新風を吹き込もう。

[ シャツSTYLEは ]むしろ積極的に“色柄を”

アズーロ・エ・マローネを初夏らしい淡い青×茶で

デニムのざっくりした素材感に合わせ、ジャケットも風合い豊かなコットンリネンで。ややお堅い印象のあるシャツをデニムのラフさと中和するべく、Vゾーンはやや強めの色柄を使って、きもちカジュアルに装いたい。

デニム3万6000円/アイ アンド ミー(ヴァルカナイズ・ロンドン) ジャケット7万9000円/タリアトーレ(トレメッツォ) シャツ1万3000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) タイ7200円/ディストリクト(ディストリクト ユナイテッドアローズ) 靴9万8000円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー) 鞄10万円/フェリージ(ビームス 六本木ヒルズ)

[ クルーSTYLEは ]とにかく“ワントーン”

余計な色柄は使わずにシンプルな合わせで上品に

クルーネックを合わせる際は、色柄は控えてすっきりとシンプルに。とにかく、うるさくならないようにワントーンでまとめよう。紺ブレにコインローファー、リボンベルトなど、トラッドテイストなら、上品で安心感もあり。

デニム3万6000円/アイ アンド ミー(ヴァルカナイズ・ロンドン) ジャケット6万7500円〈オーダー価格〉/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム) カットソー6800円/アルモ リュクス(八木通商) ベルト9800円/パオロ アルビザッティ(ビームス 六本木ヒルズ) 靴6万5000円/パラブーツ(パラブーツ青山店) チーフ1万円/キンロック(トゥモローランド)

[ ポロSTYLEは ]品よく“ちょっと遊ぶ”

薄ブルーのリラックス感を艶黒でシックに引き締める

本来デニムと馴染みのいいポロシャツは、ジャケットスタイルなら上品なハイゲージが◎。ただし全体的に地味になりすぎないよう、ジャケットは少しニュアンスのある色柄で遊びたい。小物類でも大人らしい微かな華やぎを。

デニム3万6000円/アイ アンド ミー(ヴァルカナイズ・ロンドン) ジャケット15万円/カルーゾ(トゥモローランド) ポロシャツ2万9000円/チルコロ 1901(トヨダトレーディング プレスルーム) ベルト1万8000円/アンドレアダミコ(ビームス 六本木ヒルズ) 靴6万8000円/カルミーナ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) チーフ〈スタイリスト私物〉
Latest