木陰の店が怪しい店に 気をつけたいshadeの使い方デイビッド・セイン「間違えやすい英語」(68)shade

Our company founder didn't see the world in black and white, but in shades of gray. わが社の創業者は物事に白黒を付けず、微妙なあやを認めた。

*shades of gray:(考え方の)わずかな違い。文字通りにはグレーのさまざまな色調を指していますが、考え方などの微妙な差を表すのにも使われます。

A: How do you take your coffee? コーヒーはどのようにいたしましょうか?

 B: I like it with just a shade of cream, thanks. ほんの少しクリームを入れてもらえますか。

*a shade of: ごくわずかの~。

After XYZ Group merged with ABC Holdings, they've been made in the shade. XYZグループはABCホールディングスと合併して以来、非常にうまく行っている。

*be made in the shade: 大成功している。have it made in the shadeとも言います。

It was so bright outside that I had to shade my eyes from the sun. 外がよく晴れていたので、目に手をかざして日差しをさえぎらなければならなかった。

*shade one's eyes: 目に手をかざす。shadeは他動詞として「陰にする」「暗くする」のニュアンスで使えます。ここでは「手で覆って陰にする」ということです。

Please double check the shaded text for errors before submitting this proposal. この企画書を提出する前に、網掛け文字に誤りがないか再確認してください。

*shaded text: 網掛け文字。shadedは受け身の動詞で、「陰影をつけられた→網を掛けられた」を表します。

From his office, Mark had a good view of the sky shading from day to evening. マークのオフィスからは、日中から日没にかけて空の色が徐々に変化してゆくさまがよく見えた。

*自動詞としてのshadeには「(色などが)徐々に変化する」という意味があります。

:D セイン

デイビッド・セインの「ビジネス英語・今日の一場面」は木曜更新です。次回は5月23日の予定です。

デイビッド・セイン David Thayne
米国出身、20数年前に来日。翻訳、通訳、執筆、英語学校経営など活動は多岐にわたる。企業や学校の人気セミナー講師。英語関連の出版物の企画・編集を手掛けるAtoZ(http://www.atozenglish.jp)・AtoZ 英語学校代表。

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


英語で実務をこなせるようになる実践講座/日経ビジネススクール

確実にマスターできる「英語の学び方」からビジネス英会話、英文メールの表現力を高める講座まで!

>> 講座一覧はこちら

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら