powered by 大人のレストランガイド

岩塩プレート、どう使うの? 焼いても冷やしてもOK魅惑のソルトワールド(29)

岩塩プレートでふっくらジューシーに焼きあがる
岩塩プレートでふっくらジューシーに焼きあがる

皆さんは「岩塩プレート」をご存じだろうか。その名の通り、岩塩鉱山から採掘された岩塩をプレート(板)状にカットしたものだ。厚さは1~2センチメートル程度で、大体長方形か正方形だ。手のひらサイズのものから、一辺が20センチメートルを超えるような大ぶりのものまである。用途は「火の上に岩塩プレートをのせて温めて、その上に肉をのせて焼く」というのが一般的。アウトドア用品店で販売され始めてじわじわと人気が広がり、最近では輸入食品に強い量販店などでも見かけるようになった。安いものだと700円くらいで買えるが、ひび割れていないか、赤土が混じっていないか、確認するとよい。30センチ四方、厚さ2センチくらいだと5000円程する。

岩塩プレートの原料はパキスタン産のピンク色の岩塩がほとんどで、まず見た目が非常に華やかだ。ピンク岩塩は鉄分や赤土の影響でピンクに色づいている。自然のものなので一つ一つ色あいが違うし、まだらになっているのもまた模様のようでかわいらしい。交流サイト(SNS)のインスタグラムで映える(インスタ映え)間違いなし、なのである。

もちろん、見栄えがするということ以上に、味の面でもメリットがある。まず、この上に食材をのせて焼くことで、遠赤外線効果で食材にじっくりと火が入るので、特に肉はふっくら、ジューシーに焼き上がる。また、バーベキューなどで火加減の調整が難しくて食材を焦がしてしまった、という失敗を避け、適度な焼き加減に仕上げることができる。そして、プレートが岩塩でできているので、食材の水分で溶けだした岩塩が食材に適度な塩味をつけてくれるため、そのままでもおいしく食べられる。

火で加熱してその上で食材を焼く、という以外にも使い方がある。それは、冷やして皿のように使うという方法だ。岩塩のように純度の高い塩はマイナス21.3度まで温度が下がる性質がある。そして保温力も高いので、その温度を維持できる時間も長い。冷凍庫でキンキンに冷やしてその上に食材をのせると、冷たい料理を冷たい状態に保ってくれる上、焼く時と同様、食材の水分で溶けた岩塩が食材に適度な塩味をつけてくれるので、そのままおいしく食べられる。

例えば刺し身をのせてしばらく置いて、オリーブオイルとハーブを散らすだけで、見た目にも華やかでおいしいカルパッチョができあがる。焼く時と同様、見た目の華やかさは食卓を盛り上げてくれるだろう。アウトドアなどで冷凍庫がない場合、密封性の高い袋に入れて氷水の中に入れておけば、ある程度冷やしておけるので屋外でも使用可能だ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド