NTTドコモの新料金 選んで得する人、損する人佐野正弘のモバイル最前線

NTTドコモが発表した新料金プランは、ヘビーユーザー向けの「ギガホ」と、ライトユーザー向けの「ギガライト」の2つに集約されている
NTTドコモが発表した新料金プランは、ヘビーユーザー向けの「ギガホ」と、ライトユーザー向けの「ギガライト」の2つに集約されている

NTTドコモは2019年4月15日、新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」を発表した。これらのプランは2019年6月1日より提供され、それ以降NTTドコモのスマートフォン(スマホ)利用者向け料金プランは、この2つに一本化される予定だ。新料金プランの仕組みと特徴、そしてどんな人がプラン変更するとお得になるのかを確認してみよう。

「ギガホ」と「ギガライト」の概要。ギガライトは「2年定期契約」と後述の「みんなドコモ割(3回線以上)」の適用で月額1980円から、ギガホはさらに2019年9月30日までの申し込みで適用される「ギガホ割」の適用で、最大6か月間は月額4980円で利用できる

複雑な要素を減らしプランを2つに集約

新プランが従来と大きく異なるのは、スマホを利用するのに必要な料金が1つにまとめられていること。従来のプランでは、音声通話をするための「基本プラン」とインターネット接続に必要な「spモード」、そして大容量のデータ通信をするのに必要な「データ定額サービス」の3つを別々に選ぶ必要があったが、新料金プランではこれらがひとまとめになっている。

しかも、用意されているプランはギガホとギガライトの2種類しかなく、その分類も非常に明確だ。まず「ギガホ」はデータ通信を積極的に利用するヘビーユーザー向けのプランで、2年間の契約を約束する「2年定期契約」ありの場合で月額6980円で利用できる。

30GBの大容量プランにおける新旧料金プランの比較

ヘビーユーザーが最も気にするであろう、高速通信ができるデータ容量は月当たり30GBと、ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」と比べるとやや少ない。だが、それを使い切っても最大1Mbpsの通信速度で通信が可能だというのが大きなポイントだ。1Mbpsあれば、画質は落ちるが動画もなんとか視聴可能であるし、それ以外の多くのインターネットサービスも問題なく利用できるので安心というわけだ。

一方で、ウルトラギガモンスター+のように、YouTubeなど特定のサービスを利用した時だけ通信料がかからない、いわゆる「カウントフリー」の仕組みは用意されていない。なお、データ容量を使い切った後、1Mbpsで使えるサービスには、NTTドコモのほかに楽天モバイルがある。さらにKDDI(au)が2019年5月13日に発表した「auデータMAXプラン」は高速データ通信の容量が無制限となっている。高速通信の容量を使い切りがちな人は要チェックだ。

携帯大手の大容量プラン比較。NTTドコモの受信1576Mbpsは2019年度冬からの提供となる。またauのデータMAXプランではテザリングとデータシェアは20GBを超えると速度制限がかかる

そしてもう1つのギガライトは、使用するデータ通信量に応じて、毎月の料金が4段階に変化する段階制のプランだ。2年定期契約ありの場合、月当たり1GBまで利用した場合は月額2980円の「ステージ1」となり、それ以降容量が2GB増える毎に料金が1000円増え、最も多い7GBまで使用した場合は「ステージ4」となり、月額5980円がかかる。7GBを超えると通信速度が128kbpsに低下することから、そこまでデータ通信をしないライトユーザー向けのプランといえるだろう。

データ通信を多く使う人は「ギガホ」、あまり使わない人は「ギガライト」を選ぶことになるだろう。それに加えて、定額通話がしたい場合は国内通話が無料になる「かけ放題オプション」(月額1700円)、5分間の定額通話が必要な場合は「5分通話無料オプション」(月額700円)を追加で契約すればよい。

これまでは自分の使い方に応じて基本プランやデータ定額サービスを選ぶ必要があったため、判断が難しく結局ショップ店員に勧められるがままのプランを契約してしまうという人も少なくなかったと思う。だが新料金プランはそもそも選択肢が2つしかなく、それに通話定額を加えるだけなので、プラン選びに頭を悩ませる必要がなくなった。

段階制プランにおける新旧料金プランの比較

ファミリー割引グループで最大2000円割引

新料金プランにはもう1つ特徴がある。それは家族で契約するとより安くなる仕組みの充実だ。

新料金プランでは「ファミリー割引」のグループに入っている音声回線全てに対して、「みんなドコモ割」などが適用される。NTTドコモによると、ファミリー割引グループ加入者は3人以上が約70%、2人以上を含めると約85%に上るとのこと

現在主力の料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」では、「シェアパック」を契約して家族でデータ通信容量を分け合う仕組みだったが、家族全員の通信量を把握したうえでプランを選ぶ必要があったため、やや複雑だった。そこで新料金プランでは、シェアの仕組みがなくなった代わりに、新しい家族割引の仕組みを導入している。

その軸となるのは、3親等以内のNTTドコモ契約者同士であれば組むことができる「ファミリー割引」のグループ。このグループに入っており、なおかつ新料金プランを契約している音声回線全てに、割引が適用される仕組みとなっているのだ。グループ内に旧料金プランの契約者が含まれていてもよいし、仮に兄弟や両親、子供がNTTドコモ以外の回線を使っていたとしても、曽祖父母やおじ・おばなどとグループを組むことも可能であるなど、シェアパックより一層幅広い人に適用可能な仕組みとなっているのだ。

MONO TRENDY連載記事一覧