マネー研究所

近づくキャッシュレス社会

キャッシュレス決済の大先輩 陰の主役、クレカの実力 「キャッシュレス決済」をマネーハック(2)

2019/5/13

写真はイメージ=123RF

今月のマネーハックのテーマは「キャッシュレス決済」です。現金での支払いを行わずお会計ができると便利ですが、その方法を見てみましょう。今週は特にクレジットカードを取り上げます。

■キャッシュレス決済には大先輩がいる

キャッシュレス決済といえば、電子マネーを思い浮かべるかもしれませんが、キャッシュレス決済には大先輩が“2人”います。プリペイドカードとクレジットカードは昔からある仕組みです。

まずプリペイドカードです。あらかじめ現金をチャージして利用するプラスチック製のプリペイドカードは今でも現役です。カフェのプリペイドカードなどはポイント還元や割り引きがあったりするので、現金よりお得な決済手段として多くの人が使っています。これからも利用されていくでしょう。

プリペイドカードの機能がスマートフォン(スマホ)アプリでも利用できるようになったことで、モバイル化の流れがみられます。例えば、スターバックスやドトールのカードはスマホアプリに登録できるようになっています。スマホアプリならクレジットカードを連携させることで、チャージを含め完全なキャッシュレス支払いにできます。アメリカで最大のキャッシュレス決済手段はスターバックスのモバイルアプリという調査もあります。

一方、クレジットカードについては古くから、高額の買い物をするときのキャッシュレス決済手段として利用されてきました。少額決済にサインレスで利用できるようになったり、電子マネーへのチャージなど連携を図るようになったりして、利用手段は広がっています。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL