海の駅でクルージング身近に マリンチック街道を周遊

Paravi

レインボーブリッジを真下から見上げたり、コンテナ船を間近で眺めたり……。普段見ることができない風景に出合えるのが、ボートを使った海のレジャーです。ただボートは金のかかる趣味でハードルが高く感じる方も多いのではないでしょうか。そんなイメージが変わるかもしれません。

「ジャパン インターナショナル ボートショー2019」では約260隻が展示された

2019年3月に開催された「ジャパン インターナショナル ボートショー2019」。さまざまな大きさ、用途に合わせた船が約260隻展示され、総額は110億円にのぼります。

その中で、ひと際大きくゴージャスな船がありました。船内を案内してもらうと、ダイニングテーブルやソファなど家具はすべてイタリア製。客室は全部で3部屋、シャワールームも完備されていて、まさに「動く高級ホテル」。価格は約8億円だそうです!

ヤマハ発動機では、ボートを少しでも身近なものにしようと、さまざまなサービスを始めています。

オンラインで免許の講習が受けられる「スマ免」。2級免許のコースに加え、2019年から1級や特殊小型のコースが受講可能になりました。

一方、技術面でハードルを下げようという動きも。

指定した針路に向かって船が進むようにコントロールする装置

船舶用電子機器のメーカー、古野電気のブースで展示されていたのはオートパイロットシステム。車の自動運転に近く「セットした方向に船が進む」というシステム。

メーカーだけではなく、国もボート人口を増やすことに力を入れています。

国交省は気軽に船を楽しめるモデルルート「マリンチック街道」を提案していて、小樽や横浜などこれまでにあった5ルートに加え、東京・夢の島など新たに11のルートを認定しました。

東京夢の島マリーナは全国に168ある「海の駅」のひとつ。「マリンチック街道」はこのような「海の駅」が起点になっています。東京夢の島の「マリンチック街道」は2時間半ほどのコース。選考基準にはインスタ映えするポイントも含まれています。

国土交通省海事局の峰本健正さんは「観光としてクルージングを楽しんでいただくということもあるが、ボートを作っているメーカーを含めてマリン産業を発展させていきたい」と話します。

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年3月7日放送)の内容を配信用に再構成したものです。(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2019年5月3日付記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧