MONO TRENDY

パラビジネスSelect

ナイキ、世界記録シューズは「速い者」勝ち 転売防ぐ

2019/5/25

Paravi

ランナーあこがれのシューズ、ナイキの「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリント」(税込み8万1000円)。2018年、ケニアのキプチョゲ選手が2時間1分39秒という世界記録を出した時に履いていたシューズと同じモデルです。

足の甲を覆うアッパー部分には3Dプリンターの技術が使われています。従来の繊維と比べて軽く、通気性を高めたのが特徴です。

販売されるのは、わずか31足のみと購入者にとって狭き門。 しかも、購入希望者にはある条件が……。

その条件とは「男性がフルマラソンを3時間以内」、「女性は3時間半以内」で走る人に限るというものです。そのため、客は大会の記録証と本人確認証を見せなければなりません。

従来の繊維と比べ、軽く通気性を高めた新モデルのシューズ

ナイキがこの条件を付けた背景には、転売を防ぎ、本当に必要とするランナーに届けたいという狙いがあるのです。

ランニングシューズやバスケシューズなどのスニーカーは、世界的に投資対象となっています。中には150万円の値段が付いたスニーカーも!

ナイキは今回の新モデル発売にあたり、さらにもう1つ条件を付けていました。それは、申し込み客を靴のサイズごとにタイム順に並べ、速い人から買えるようにしたのです。

全部で100人以上の購入申し込みがあった今回のシューズ。購入できた人は「正直びっくりした。ちょっと無理かなと思ったが、なんとか滑り込んだ」「もったいないけど使わないと。しっかり履きます」などと話していました。

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年3月4日放送)の内容を配信用に再構成したものです。(C)テレビ東京

[PlusParavi(プラスパラビ) 2019年4月26日付記事を再構成]

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
大手ジムが「有料オンラインレッスン」に注力する理
日経クロストレンド
アップル、4年半越し悲願 腕時計「常時点灯」の真意
日経クロストレンド
ANAも参入 「5G+分身ロボット」でビジネス変革
日経クロストレンド
花王が洗顔シートで王者を逆転 敵の弱点を徹底訴求
ALL CHANNEL