「1本」だけで分散投資 国内外の株や債券に投資信託の基礎(上)

写真はイメージ=123RF
写真はイメージ=123RF

連休明けの平日の夜。筧家のダイニングテーブルでは良男と幸子が旅行先で撮影した写真を見ながら思い出話に花を咲かせています。その傍らで満はタブレット端末で調べ物をしながら、なにやら作業をしています。連休気分はすっかり抜けているようです。

筧(かけい)家の家族構成
筧幸子(48)良男の妻。ファイナンシャルプランナーの資格を持つ。
筧良男(52)機械メーカー勤務。家計や資産運用は基本的に妻任せ。
筧恵(25)娘。旅行会社に勤める社会人3年目。
筧満(15)息子。投資を勉強しながらジュニアNISAで運用中。

筧良男 満はさっきから、何をしているんだ?

筧満 学校で自由研究の宿題が出ているんだ。テーマは「○○と平成」。資産運用に興味がある僕としては「投資信託と平成」にしようと思ってて、連休中に仕上げようとしてたんだけど、わからないこともあって……。

筧幸子 仕方がないわね。まず、投信の仕組みから始めましょう。投信は投資家から集めたお金をまとめて、国内外の株式や債券など様々な資産に分散して運用し、得られた成果を投資額に応じて分配する金融商品よ。

 どこで資金を集めるの?

幸子 販売会社と呼ばれる金融機関で資金を集めるの。つまり、投資家は販売会社で購入することになるわ。代表例は証券会社や銀行ね。集めたお金を運用会社の「ファンドマネジャー」と呼ばれる専門家が運用の指図をし、実際には信託銀行が売買や管理をするの。最近は運用会社から直接、購入できる「直販」も増えているわ。

良男 運用の成果はどうやって受け取れるんだい?

幸子 投信の値段である「基準価格」が購入時よりも上昇した時点で売れば、売却益が得られるわ。このほか、株式の配当に相当し、運用で得られた利益の一部を投資家に還元する「分配金」の形でも受け取れるの。

 基準価格はどうやって決まるの?

幸子 取引所に上場している株式は頻繁に価格が変わるけど、通常の投信の基準価格の算出は1日1回よ。投資先のすべての株式や債券などを毎日の時価で評価し、利息や配当などの収入を加えるの。そこから手数料などを差し引いて純資産総額を計算し、口数で割って1口あたりの価格を算出するの。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし