QRコード決済はどう選ぶ クレカと身近な利用先カギファイナンシャルプランナー 風呂内亜矢

地固めを行った上で、「LINEペイなどのマークを見かけたら利用できるようにスマホの設定だけはしておく」という付き合い方が現実的でしょう。地固めさえしておけば、複数のQRコード決済サービスを使ったとしても、最終的にはカードと銀行口座が絞り込まれているので支出管理もしやすくなります。

自分の生活圏での使いやすさがカギ

もっとも、色々なサービスを使うと、前払いでチャージして使った場合、それぞれに少額の残高が残り、使い切れない事態も発生しがちです。複数づかいを避けたい人は、使える機会の多さ、つまり「出口の多さ」で選択するのがコツです。

「出口」の基準は様々で、提携店舗数の多さなどもその一例ですが、自分の生活圏でよくみかけるサービスがLINEペイなら、それにするのが第一の選択肢です。

そのほか、自分の周囲の友達が個人間送金の機能を使っているようなら、その機能を備えたサービスにする手があります。「割り勘」などのシーンで残高をしっかり使い切っていくことができます。

残高を使い切る「吐き出し口(出口)」としては、国際ブランドの実物のカードを発行していることも利便性アップに役立ちます。本来は現金よりカード、カードよりスマホ決済と進んでいきたいところではありますが、スマホ決済が使えなかったときに、実物のカードでも残高を消化できることは安心感につながります。

PayPay、楽天Pay、LINE Payそれぞれの特徴

主なサービスを「吐き出し口の多さ」という視点で表にしてみました。

認知度としては一番といえるペイペイ。最近では個人間送金にも対応したため、残高の使い道は広がりました。ヤフーカードならばクレジットカードによるチャージも可能なため、普段からヤフーショッピング、LOHACOなどをよく使い、メインカードをヤフーカードに絞り込める人は一層使いやすいでしょう。身近に対応する店舗が少なければ、ヤフーカードを使えばよく、大型キャンペーンがなくなってしまったら、あえて使う必然性は低くなります。