ヘルスUP

日経Gooday 30+

「うつ」と「うつ病」は違う 大事な受診のタイミング うつ病との付き合い方、遠ざけ方(上)

日経Gooday

2019/5/16

【うつ病を含む心の病気が慢性化しやすい人の特徴】
(1)劣等意識
(2)被害者意識
(3)完全主義
(4)執着主義

「劣等意識」とは絶えず他人と自分とを比較して、自分が劣っていると思いがちな意識のこと。一方で、「被害者意識」が強い傾向もある。例えば、「職場が自分を理解してくれず、損をしている。本来はもっとできるはずだ」という感情だ。

さらに物事を完全に成し遂げたいという「完全主義」も顕著だ。このような人は自分にも厳しいが、他人にはより厳しい姿勢を取りがちだ。

「執着主義」は長所と短所が表裏一体となった性格だ。徹底的に、粘り強く、コツコツと丁寧に仕事をし、周囲の評価を得ている半面、他人の評価を気にしすぎ、頭がかたく、物事の重み付けが苦手で、融通が利かない点があり、結果的に自分を苦しめることになる。

こうした性格の持ち主に対して、野村所長は著書『人生に、上下も勝ち負けもありません』(文響社)の中で老子の教えを引いて「ノージャッジの勧め」を説いている。

「ノージャッジ、つまりジャッジしないこと。他人は他人、自分は自分と割り切って、比較する思考の習慣を修正することです。といっても、すぐにこのような考えを改めることはできません。治療に際して医師は、ノージャッジができるように患者自身と対話を重ねて、患者自身が半ば自発的に自分の思考に気がつくようにアドバイスしていきます。知的なリハビリテーションということができます」(野村所長)

■仕事や生活に支障が出たら受診を

気分の落ち込みだけなら2~3日で治ることが普通だ。しかしうつ病になると、その間はひどくつらく、しかも長期間にわたって続くこともある。慢性化させると治りにくくなることも事実だ。

精神科や心療内科などの医療機関を受診するタイミングはどのような場合だろうか。野村所長は「仕事や学校、生活などに支障が出てくるようになったら、医療の助けを求めたほうがいいでしょう」と語る。「ひとりで我慢していると、考えが極端になりがちです。自分が十分な仕事ができないために会社が経営不振に陥るなどの妄想的な考えにとらわれてしまうこともあり、悲観するあまり自殺を考えることすらあります。このような状況に陥る前に医療機関を受診することをお勧めします」

表2に簡単な自己診断を紹介するので参考にしてほしい。

うつ病と見分けづらい病気もある。また、中には別の病気の治療のために服用している薬が原因というケースもある。心配になった際には専門医に相談することも大切だ。「診断名が違えば、治療法も変わります。適切な治療のためにも正しい診断が必要ですが、実はそう簡単なことではありません。個々の状況や性格的な傾向、経過などを見て判断します」と野村所長は指摘する。

次回「うつ病治療、医師との相性も大切 磁気など最新療法も」では、医療機関の選び方、最新治療の実際について紹介する。

(ライター 小崎丈太郎)

野村総一郎さん
六番町メンタルクリニック所長。1949年広島県生まれ。慶應義塾大学医学部卒業。藤田学園保健衛生大学(現、藤田医科大学)精神科助教授、立川共済病院神経科部長、防衛医科大学校精神科教授、同病院長を経て、2015年より現職。1985~87年に米国テキサス大学医学部、メイヨー医科大学に留学。日本うつ病学会第1回総会会長。『うつ病の真実』(日本評論社)、『入門 うつ病のことがよくわかる本』(講談社)など著書多数。

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL