ライフコラム

子どもの学び

おならはなんで出るの?

2019/5/10

スーちゃん 学校で遊んでいたら、おならが出ちゃった。友達に聞こえたんじゃないかって思って恥ずかしかったよ。おならってなんで出るのかな。臭いや音が違うのはなんでだろう?

■腸内にたまったガスが正体だよ

森羅万象博士より おならの正体は腸の中にたまったガスなんだ。その7~9割は食事のときにのみ込んだりして体内に入った空気だよ。ほとんどはゲップになって体外に出るけど、出なかったものが腸に運ばれてたまるよ。

それ以外のガスは、腸内にいる細菌が食物を分解したときに出る水素やメタンなんだ。これらの大半は臭いがない。食べものは口から入ると食道や胃、小腸、大腸とどんどん進み、消化されていく。小腸で栄養として吸収されないで残った食物繊維などは、大腸でビフィズス菌など腸内細菌のエサになる。分解の途中でガスが出るんだ。

おならは口から入った空気と細菌による分解でできたガスが腸内で混ざってできる。最後は腸の働きで押し出され肛門から出る。健康な人で1日に8~20回、量では200~1500ミリリットルのおならを出すといわれる。

おならの臭いは食べるものによって変わるんだ。肉や揚げ物など脂っこくてたんぱく質を多く含む食べものをたくさん食べると、臭くなりやすい。腸内にはウエルシュ菌などの「悪玉菌」がいて、脂質やたんぱく質をエサに増える。悪玉菌が増えると腸内の腐敗が進み、アンモニアやスカトールなどにおいの元となるガスが出る。

乳酸菌やビフィズス菌など「善玉菌」が増えるとおならの臭いは抑えられる。善玉菌は体にいい細菌で、食物繊維をエサに増える。善玉菌は食べものを腐らせるのではなく、発酵させることで、臭いがない炭酸ガスやメタンガスが出てくるんだ。イモや豆といった食物繊維を多く含むものを食べるといい。

おならが出る量は、まずのみ込んだ空気の量で変わる。たとえば急いで食事をとろうとすると、一緒に空気もたくさん口から入ってくる。炭酸飲料が好きな人ものみ込む空気が多い。

ライフコラム 新着記事

ALL CHANNEL